fc2ブログ

働き方改革で、日本のサラリーマンはどう変わる?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




政府が提唱する「働き方改革」

これによって

日本のサラリーマンはどう変わるのか?

について書いてみたいと思います。



働き方改革の3つの課題は

・長時間労働の改善

・非正規と正社員の格差是正

・労働人口不足の是正




そのうち、労働人口不足の是正は

高齢者の就労促進なので

ここでは触れないでおこうと思います。



まず、最初の

「長時間労働の改善」が実現されるなら

残業時間が減ることから

殆どの労働者の可処分所得は減少します。



その可処分所得の減少をどこで埋めるかですが

それは副業で埋めるしかありません。



副業解禁の動きも出始めましたが

それが加速すると思います。



副業と一言で言っても

実は、2パターンあると思います。



それは

・Wワーク

・自分のビジネス



この2つのパターンです。



今まで雇われて生活してきた多くの人達は

Wワークを選ぶことになると思います。



そこに「非正規と正社員の格差是正」が効いてきます。



つまり

本業を持ちながらのWワークの時給も

従来の非正規労働者ほど安くないと思います。



これらの人にとっては

残業で得ていた収入がなくなる分の補填を別の仕事で埋める訳ですから

結局、時間を切り売りしているに過ぎません。

但し

2つの仕事をすることで別の視野で見ることが出来るのはよいことだと思います。



もう1つのパターンの自分のビジネスは

これは面白いですね。



本業で、会社で勤めながら

スモールビジネスを立ち上げる人が続出するとしたら

面白い世の中になるのではないでしょうか?



不動産投資も、会社で勤めながら出来る

スモールビジネスの1つですので

今より人気が加速し

よさげな物件を巡っての競争が今以上に加熱すると思われます。



しかし

それらの働き方改革の実効性については

やや疑義があると言わざるを得ません。



社会的に矢面に立たされる大企業の場合は

働き方改革を打ち出すことでしょうが

それはあくまでも兵隊のことで

「幹部やその候補生に働き方改革など関係ない」

のが実情だと思われます。



また、世の中の企業が長時間労働の改善に動く中

それを無視し労働強化する企業があれば1人勝ち間違いなし。



関西系の某企業のように

「朝7時から夜12時まで働け。

趣味を持つのは禁止。仕事を趣味にしろ。

会社で長時間働くために会社の近くに住め。

その代わり、給料はいっぱい出す。」




そんなポリシーの企業も増えると思うし

それを求める労働者も居るので

果たして、どれくらい働き方改革が進むのかは

かなり疑わしいと思われます。



◆編集後記◆




今日も猛暑で

岐阜の揖斐川で39.3度



これらの公表される気温は

地上1.2~1.5メートルの百葉箱で測定した気温ですので

炎天下だとあり得へん気温になっているはずです。



昨日、TVで屋外プールで温度計で気温を測っていましたが

なんと45.5度でした。



炎天下でアスファルトからの照り返しもあれば

体感は50度くらいあるかも知れません。



元教師の人が言っていたのですが

「学校で日本は温帯に位置していると教えているが、あれは間違いです。

温帯ではなく亜熱帯です。

私らが子供の頃のセミは温帯の夏にいるアブラゼミが主流だったが

今は、亜熱帯に生息するクマゼミが主流になっている」



確かに、私も小さい頃、セミ取りをしましたが

茶色いハネのアブラゼミばかりでした。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント