管理会社選びの視点、ここもチェックしてください


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。



私は大阪物件の管理会社の変更を申し出て

本日承認されました。


管理会社によっては

しつこく引き下がる会社もありますが

今回はアッサリでした。



ここは

前オーナーが使っていて

しかも地域で最も大きい会社になります。

それに満室状態が維持されていたので

「わざわざ変更する必要はないかぁ」

と、いう感じで、そこに決めました。



ちょっとしたほころびが出たのは

今年の4月に退去が出た時です。



まず、退去後に立ち会いをしたところ

IHクッキングヒーターが故障。

見積りは10万円超えていました。

ネットで買えば、2~3万円ですので

「それを買ってくるので、取り付けだけしてくれませんか?」

と、言うと

「それは困るんですよね」



次に

入居が決まって

引っ越してくる日に

今度は、給湯器が故障。

TELが入居者から管理会社に

しかし

管理会社に担当者が不在で

店長が私にTEL

「給湯器が動かないのですが・・・

担当者が不在で・・」


???

担当者不在やからってオーナーにそんな電話かけてくる?

まず担当者を捕まえんかい?

それに担当者がいつでも捕まるようにしておかない体制も、???



次に

外壁塗装の見積りで

管理会社の見積りが280万円

私が取った相見積もりが180万円

これで、

金儲け主義の会社の体質が表面化



その後も見積りは

外壁塗装で失注した分を

取り返すかのように高くて・・・



そういう経過で

次の管理会社を物色し

阪急の駅前にある会社を訪問しました。



基本、ここは

管理担当者の携帯電話が

24時間私からも入居者からもつながる体勢があって

会社の規模こそ小さいものの

店のスタッフも充実しています。



私は当初

会社の規模で、ある程度判断していましたが

実は、対応に当たる

店の規模を判断するという視点が抜けていました。



なので

管理会社を選ぶ時は

店の規模って重要なファクターになりますので

その視点を落とさないようにして決めることが大切です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント