戸建て・区分のメリット・デメリット


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。





不動産投資の対象は人それぞれです。

中には戸建てや区分しか買わないという方もいるようです。



戸建て・区分のメリットは何かと言うと

まず投資額が小さいことです。

そのため

融資金額が少額で済む。もしくは融資なしで買える場合もあります。

なので

多額の融資が怖い、という方にいいです。



あとは

出口として実需向けに売れます。

不動産を買う人口の中で

圧倒的に多いのが実需です。

一棟物件の売却先なら不動産投資家しかありませんが

戸建て・区分は実需に売れるので

比較的出口が見えやすいです。



あとは

区分は厳しいですが

戸建てなら

集合住宅ではないので

ペット可などの独自戦略が採れます。



他には

自主管理が可能です。

一棟物件を自主管理するのは、かなり大変ですが

戸建て・区分なら

入居者がそこを実際の持ち主のように使うので

管理の手間は家賃回収程度しかかかりません。



但し

デメリットは

投資額が小さいので

投資規模の拡大には向きません。



規模拡大するなら

物件選び、内見、契約、融資交渉、決済

これらの行為を

何度も何度も来る返さないといけません。

かなり面倒です。



他のデメリットとしては

家賃がall or nothing

つまり

賃貸中ならいいですが

空くと家賃ゼロになるので

そういう面ではリスクになってきます。



更に区分の場合は

修繕積立金などが空室でも、かかってくるので

ネットでキャッシュフローがマイナスになることもあります。



なので

戸建て・区分は

空室の場合に耐えれる体力(潤沢な自己資金)が必要です。



それを回避するには

戸建て・区分をいくつも持つことです。

例えば

1区分5万円の部屋を10区分持てば

1区分空きが出ても

他の9区分でカバーできます。

つまり

10区分の一棟物件を持つのと同じと捉えることができます。



ちなみに

私は規模拡大に時間がかかるのは

避けたいので戸建て・区分は買わない方針です。



あなたが

ここに挙げたメリット・デメリットをよく見極め

投資対象を決める場合の

参考にしていただければ幸いです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント