フルローンは是か非か

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日は、所用があり

記事を休みました。



楽待新聞でフルローンの川柳が募集されていて

優秀作品が3本発表されました。




その記事はこちら

→ https://www.rakumachi.jp/news/column/222501



その中で、私が気に入ったのは


「間違えば 人生棒に フルローン」

です。



フルが

棒に「振る」「フル」ローンに掛かるいう

オヤジギャグなのか

それとも

百人一首などによく見られる掛け言葉なのか

って感じですね。



フルローンとは

物件を取得する際に

物件価格を丸々融資してもらい

諸経費の支出だけで取得するというものです。



確かに

間違えば人生棒に振る訳ですが

間違えなければ

自己資金をそれほど減らさずに規模やキャッシュフローを拡大できる

凄く有難いものとなります。



その間違いとは

・返済比率が高過ぎる

・返済比率を無理やり下げるために長過ぎる期間で借りている

・将来の家賃下落があるのを前提にしてシュミレーションをしていない



この3つかと思われます。



フルローンを引く場合は

この3つのどれかに該当していると

人生棒に振ることになるかも知れません。



注意するようにしてください。




◆編集後記◆




今日は病院で腹部エコー(超音波検査)を受けてきました。

隣のブースから幼児の声が漏れてきて

神経芽腫とかの小児がんだったら可哀想になとと思いました。



その病気で妹を5歳で無くしているのですが

総合病院の小児科ってかなり過酷です。



中には治って退院する幼児もいると思いますが

総合病院の小児科の長期入院は

かなりの割合で、白血病や神経芽腫などの命に関わる病気です。



私が血小板減少症で入院した際に、骨髄液を取り出して検査したのですが

骨髄液を取り出すのが上手という小児科の医師がやってくれました。



白血病の割合の多いので

こういう機会が多いのだと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント