FC2ブログ

元利均等か元本均等か?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





都銀R銀行の再来月から年内の返済予定表が届きました。

当初3650万円借りたのですが

年末で1800万円代に突入です。



このR銀行の融資は、元利均等ですが

融資の返済方法には

・元利均等

・元本均等


この2種類があることは

誰もが知っていることではないでしょうか?



元利均等は

毎月金融機関から引き落とされる元本と利息の合計が同じというもので

初期には、利息の割合が多く

返済が進むにつれて、元本の割合が増え、利息の割合は減っていきます。



一方で

元本均等は

毎月返済する元本の額が同額で

元本返済に伴って(元本の金額減少により)利息の金額も減っていきます。

そのため、毎月の返済額と利息の総額は時間経過と伴に減っていきます。



どちらを選ぶのがベストかというと

一概には言えません。



元利均等は、元本均等にくらべ

初期段階での元本・利息の総額が少ないため

初期のキャッシュフローは出やすいです。



ですので

投資規模を拡大していきたい方に向きます。



一方で

物件を長く所有する程

同じ家賃であっても、経費に出来る利息の額が減っていくので

課税所得が増えるため、税負担が重くなります。



また

物件は年数経過により

家賃は下がっていくものですが

家賃が下がる割には税負担は下がらないので

経営として見るとシンドくなります。



なので

投資として割り切って

物件を取得してキャッシュフローを得て

投資効率が悪くなれば、売却して利益確定したい方は

元利均等の方を選ぶべきです。



反対に

「基本的に、売らない」とか

「長期で保有したい」方針の方だと

初期は大変ですが

後になっても経営がラクな元本均等を選ぶ方がいいのかなと思います。



しかし

大抵は、特に借主からのリクエストがない場合

元利均等にされることが多いかと思います。



その理由は

総額の利息の額が元利均等の方が多いからかと思われます。



ですので

交渉の際に、どちらで行きたいか希望を伝えた方がいいです。



長期保有なのに、元利均等にされて、後がシンドかったり

初期のキャシュフローを重視していたのに

元本均等にされて初期のキャシュフローが想定より少なかったりすると

予定が狂うので

事前に、希望を伝えるようにしてください。




◆編集後記◆




アメフトの日大VS.関学の試合で

反則タックルをした選手が記者会見し

「反則タックルは監督とコーチからの指示だった」

ことを認めました。



私はアメフトがどうなったら得点が入るのか分からないくらいなので

その選手の力量は分からないのですが

U19の日本代表のメンバーという選手だったそうです。



本人は

監督やコーチから指示されても、やった自分が悪いとのことで

「アメフトを辞める」とのことですが

悪くないし、続けて欲しいです。



青春を賭けてスポーツに打ち込み、日本代表までになったのに

勿体ないやん



監督とコーチは他軍の選手に危害を与えるよう命令しただけでなく

自軍の選手の未来も奪ったということです。

許せないですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント