工事の際に、部材自己支給を可能にする条件

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





管理会社に工事や設置をお願いする場合

「アマゾンや楽天で調べたらもっと安いのに・・・」とか

「自分で買ったらもっと安いのに・・・」

っていうことありませんか?



例えば

エアコンが潰れて新調する場合

管理会社の見積りで、約10万円なのに

家電量販店で買うと、6万円代で売っていたり・・




この値段差について

問いただしても満足がいく回答が得られないことは多いです。



仕入れた部材の仕入れ代金に、自社のマージンを乗せたり

下請けが入っていたりすることで

金額が上がっていきます。



しかし

管理会社によっては

部材は自分で調達して(マージンを乗せずに)

工事だけ発注するという形態を取る会社もあります。



実は、私が所有する九州2号物件の管理会社がそういう会社です。



部材の調達は

「価格ドットコム」の最安値の物を仕入れているんだそうです。



価格ドットコムは

そこが独自で価格の調査をしている訳ではなく

価格ドットコムというサイトを通じて売りたい業者の中で

商品毎に安い順に並べているだけですから

実際は、もっと安く手に入れることが出来る場合も多いです。



しかし

業者に丸投げの価格で買うより

やはりかなり安いと思います。



そのことにより

例えば

ウォシュレットの設置は工事費込みで1万円代でOK

というようなオーナーが喜ぶ価格が実現出来てします。



問題は

「工事業者が機嫌を損ねる」ことだと思います。



部材を渡されて

「工事だけお願いします」

と、言われて嬉しい設備業者はいないと思いますから。



では、私の物件の管理会社は

何故、それが出来るのかというと

それは

いっぱい発注するからかと思われます。



1年に1回した発注しないのに

「部材はうちのを持ち込みます」

なんて言ったら

マジで殴られますよ。



◆編集後記◆




アメフトでの関学対日大での悪質タックル問題ですが

昨日、日大の監督が辞意表明と会見がありましたが

「カンサイ学院大学」

と、呼んでいたのが気になりました。



関学と日大は定期線が行われるような間柄

なのに、大学名を間違える?



関西圏以外の方はご存知ないかも知れませんが

関西学院大学は「カンサイ」ではなく「カンセイ」です。



相手の名前を間違えるのって、やはり失礼で

相手を尊重していない証でしょう。



その結果が

「QBを潰して来い」

に、繋がったのではないかと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント