FC2ブログ

リクルートカードからのnanacoチャージでのポイントに制限が・・・

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





先日、固都税の支払いにnanacoを使った件について書きましたが

読者の方からメッセージをいただきました。



私が紹介したのは

あるクレジットカードからnanacoへのチャージで

ポイントが1.2%付与され

年間40万円分の固都税をnanacoで払うことで

4800円相当のポイントが付くので

「やらないと損」

と、いう内容です。



そこで言う

nanacoへのチャージでポイントが1.2%付与されるカードは

リクルートカードでしたが

実は、今年の4月16日以降、リクルートカードでの規約が変更され

ポイントが付くのは「月3万円まで」となりました。



ということは

3万円×1.2%=360円



nanacoへのチャージでポイントが付与されるカード

例えば、ヤフーカードで

このカードは0.5%のTポイントですので

7万2000円を超えて使う方の場合は

ポイントが360ポイントを超えるとなるという計算になります。



私の場合だと、7万2000円を超えるので

早速、ヤフーカードに切り替えたいと思います。



それより割のいいクレジットカードがあれば

ご指摘ください。



◆編集後記◆




ナゴヤドームで行われている

中日対阪神のTV中継を見ながら書いているのですが

主審のストライク・ボールの判定が、ちょっとどうなん?

って感じです。



江越が見逃しに三振になった際には

1ストライク目が外に外れていたと思います。

その後、同じコースに来たので

前のがストライクならということで手が出て2ストライク目

三振になったのはやまなりの球で、高さ的にストライクゾーンを高く外れていたと思いますが

見逃しの三振



これでは江越が可哀想です。



8回の表の2アウト2、3塁の糸井の打席では

3ボール 1ストライクからのボールが江越の1ストライクと同じコース

左打者のひざ元のコース外れが、ストライクなら絶対に打てないです。



その後、そのコースより体に近いカーブを

空振り三振でチェンジ



本来なら4ボールで満塁のはずが0点に終わってしまいました。



1試合当たり3回までビデオ判定を要求出来る

リクエストという制度がありますが

ストライク・ボールはリクエスト出来ません。



但し、判定は人気球団やマスコミを持っているチームに有利にされる傾向があり

今までも阪神に有利な判定もありました。

なので、あまり文句も言えないのかなと思います。



ちなみに、1番有利な判定を受けているのは、日本一の人気球団でマスコミを持っている

巨人であることはいうまでもありません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント