住宅ローンの残債を退職金へ払うつもりでいると大変なことになる

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





昨日は

「年金受給開始年齢が68歳」という案が出たことに絡め

思うことを書いてみました。



それに付随して

思うことがあるので書いてみたいと思います。



住宅ローンは35年の人が多いかと思います。



しかし

独身のうちに住宅ローンを借りる人は少なく

大抵は、結婚してから

家を買いローンを組むことが多いのではないでしょうか?



昨今は晩婚化が進んでいます。



ということは

住宅ローンを借りるのは

30代後半とか40代とかになるかと思います。



その年齢の人が

35年ローンを組めば

完済は70代とかヘタすれば80代です。



ローン払えますか?



無理でしょう。



その無理を無理でなくすために

今までは退職金を充てるという作戦がありました。



しかし

退職金って昔に比べて少なくなっていませんか?



私の場合

勤めていた会社で

給与体系と退職金制度の改定がありました。



その改定により

旧の制度より退職金が約800万円減額されました。

(2000万円 → 1200万円)



あり得ないでしょ。



私が労働組合の組合員なら

まだ反対の声を上げることが出来たのですが

幹部に昇進した年の出来事です。



このようなことがあるので

退職金頼みの

長期の住宅ローン返済というような

人生設計を組むと泣きを見ることとなります。



しんどくても

住宅ローンは定年までに完済するような

人生設計にし

昨日も書いたように現役のうちに副業することがベストではないでしょうか?



◆編集後記◆




南北朝鮮の首脳会談が始まりましたね。



この会談がどういう結果に終わるのか分かりませんが

日米韓にとっていい結果になるといいですね。



ニュース映像で

米国の国務長官と金正恩氏が握手する写真を見ましたが

その写真では国務長官が向かって左、金正恩氏が左なので

手の甲が見えているのが米国の国務長官



実は、心理学上、握手で上下関係を印象付けるのは

手の甲側の指の付け根の飛び出たところ(部位の名前は分かりません)

要は「握り拳」を印象付けた側が優位に立つんだそうです。



なので

米国の方が優位に立っていると見て取れます。



ちなみに、オバマ氏が来日して安倍総理と会食した際の握手写真では

オバマ氏の拳が見えているので、米国の勝ちです。



この辺りのことは政治家は割と知っているそうなので

したたかな安倍総理なら

わざとそうしたとおも取れるのではないでしょうか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント