FC2ブログ

知らぬはオーナーだけ!管理会社の悪事

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





今日、知り合いと話していて話題になったのは

「オーナーは、入居が継続することを願っているが

管理会社は実は、そうではない」


と、いうことです。


オーナーは退去があると大変です。



・原状回復費用

・空室による収益減少

・広告料


場合によりフリーレント



礼金や敷金があるとまだいいですが

「敷礼なし」でないと決まりにくい物件が増えています。



そんなことがあるから

オーナーは

「ずっと入居を継続してくれて退去しないで欲しい」

と、願っています。



しかし

管理会社にとっては

入居が継続していても家賃の5%等の管理料しか入ってきません。

これは、安定的ですが薄利です。



もし、管理会社がもっと儲けるには

退去が必要となります。



退去すれば原状回復リフォームで儲けるチャンス

入居者募集では、元付けとなるので

最低1か月分の家賃が入ってきますし

自社で入居者を見つければ両手取引成立。



なので

退去発生で

オーナーはガックリしているのに

管理会社はビジネスチャンス到来。



実は、ここまでのことは過去の記事に書いています。



今日、知り合いと話したのは

実はもっとエグイ話です。



まず

管理会社が民泊事業者だと半ば分かってて入居させる。



民泊事業者は

家賃を仕入れコストとして見るので

利益がそれなりに出ると想定出来るなら

家賃が多少高くても借りてくれます。



なので

簡単に入居をつける。そして儲ける。



そして

次にやることがエグイ。



「あなた 民泊やってますよね?民泊は禁止しているので

直ぐに出て行ってください。」




そんなアホなって感じですよね。



しかし現実に

周期的に民泊事業者を追い出している物件があるようです。



オーナーと管理会社が同じ方向を向いていることは

あまりないと思います。



自分の利益は自分で守るようにしてください。



◆編集後記◆




天才卓球少年 張本選手がまた快挙です。



なんと世界ランク1位を撃破



世界ランク1位は誰か分からなかったのですが

樊振東選手でした。



私はてっきり馬龍(現 五輪金、世界大会金)かと思いました。



樊振東選手は将来有望な選手ですが

馬龍だとこうはいかない気がします。



樊振東が1位なのは

中国により操作されたランキングのように思います。



なので

私は

樊振東に勝ったと聞いて、それほどの驚きはないです。



しかし

素晴らしい成果なのは確かです。



さらに実力を蓄え

東京五輪では金獲って欲しいですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント