FC2ブログ

1銀行1法人スキームがバレるのは、こんな時

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





モラル的にグレーな方法として

1銀行1法人スキームというものがあります。



どんなのかというと

物件毎に新設法人を作って融資を引くのですが

同じことを別の銀行にもやっていて

そのことを内緒にしておくものとなります。



A物件をA法人でA銀行からの融資で買い

B物件をB法人でB銀行からの融資で買い

C物件をC法人でC銀行からの融資で買い



A銀行は、BやCのことを知らず

B銀行は、AやCのことを知らず

C銀行は、AやBのことを知らず



なので

上手く行けば

上限なく融資が引けるというものになります。



これがどんな時にバレるのか?



それは銀行の再編です。



関西では昨日付けで

地銀再編がありました。



関西みらいフィナンシャルグループの傘下に

・関西アーバン銀行(旧 三井住友グループ)

・みなと銀行(旧 三井住友グループ)

・近畿大阪銀行(旧 りそなグループ)


これら3つの地銀がぶら下がる格好になります。



1銀行1法人スキームを

これらの地銀で使っていると

「あれっこの法人とこの法人は代表者も住所も同じですね」

と、なり

バレてしまう恐れがあります。



そうなると

すぐに期限の利益を喪失させられて残債を全額返済にならないとしても

今後の融資が出なくなる可能性が高いです。



これら3地銀のうち

旧 三井住友クグループの2行はエリアを分けているので

被ることはないかも知れませんが



関西アーバンと近畿大阪なんて

被りまくりです。



関西アーバンと近畿大阪は、元はライバルで

バチバチの関係



関西アーバンに持ち込む人は、ほぼ近畿大阪にも持ち込んでいるし

近畿大阪に持ち込む人は、関西アーバンにも持ち込んでいる。



なので

関西アーバンと近畿大阪で1銀行1法人スキームをしている投資家さんは

かなり居て

戦々恐々なんじゃないですか?




◆編集後記◆




衆院は、去年10月の衆院選で当選した

衆院議員465人の資産を公開した。

それによると

1人当たりの平均資産額は2917万円



1993年の公開制度開始以降、

自民党が下野した2009年衆院選後の約3150万円を下回り過去最低となったという。



減った理由は

30億円超の巨額資産を保有していて

平均資産額を引き上げ続けていた

鳩山邦夫元総務相の死去が影響したと言われています。



驚くのは金融資産、不動産ともにゼロと報告した議員が

70人で

希望の玉木代表は、資産ゼロで党首の中でただ一人



立候補するだけで供託金が要るはずなので

資産ゼロでよく選挙出れたなと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント