物件を見ずに買付けを入れる方法


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


昨今は、いい物件が枯渇していて

そういうのが出れば一瞬でなくなってしまうことも多いようです。



そのため

投資家の中には

実際に物件を見ずに買付けを入れる人もいるようです。



そういう人は、これを使っているようです。

これとは?



グーグルマップのストリートビューです。



物件所在地が

何丁目で終わっている

例えば

“大阪市北区梅田1丁目”

としか表示されていなければ使えませんが



“大阪市北区梅田1丁目5ー2”

こんな感じで表示されていれば

物件の外観や

周辺道路との関係も分かってしまいます。



私は、ちょっとそこまでの思い切りはありません。



やはり

実際に見にいって

周辺環境や共用部分を見て

空室がある場合は、部屋の中に入って

それから買付けを入れたいと思います。



まあ、だから買えないのかも知れませんけどね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント