楽待で大炎上しているコラムニストあり!そのことで思うこと

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





不動産投資家なら誰もが知るのが「楽待」ですが

実践コラムにコメント機能が追加されています。


実は、そこで大炎上しているコラムニストがいます。



名前は挙げないですが

このことは、あなたもご存知かと思います。



以前は

アクセス数が評価の基準でした。



それ以後

いいねの数が評価の基準となり



今回

コメント機能が追加されました。



実は、その大炎上しているコラムニストの方は

アクセス数でも

いいねの数でも1位、2位くらいでした。



ところが

コメント機能がついてからは

ボロカスに酷評する読者が現れてから

様子が一変しています。



彼のコラムは独自の視点から書いていることが多いので

「なるほど、そういう見方もあるのか?」

と、勉強になることが多く

私は割と好きなのですが

たまに、

視点が独自過ぎて

全く意味が分からない時も実はあります。



そういう時は

「まだまだ私のレベルが低いということなのかな?」

と、いうように思っていました。



ところが

コメントでは

「もっと分かりやすい書き方をしろ」

「意味が分かりません」


と、いうのが殺到し



それに対して

彼自身が

「俺の記事が理解できないヤツは読むな。投資もやめとけ」

と、いう感じでコラムに書いたものですから

火に油を注いだ形で、大炎上になりました。



実は

情報の発信者と読者さんの関係は非常に難しいです。



読者さんの不動産投資の規模の違い

読者さんの不動産投資の手法の違い

これらがそもそも違うので

Aさんにピッタリの内容でも

Bさんにとっては、面白くない内容のこともあります。



その他に

ボキャブラリーの差や読解力の差も人それぞれです。



この単語の意味は、全員が分かるだろうと思って書いても

その単語の意味が分からないことで

全体が理解できないこともあります。



私が書く際には

不動産投資の規模の違いや手法の違いなどは

仕方がないと思いますが

最低限、

難しいボキャブラリーは使わず

分かりやすく書くことを意識したいと思います。



◆編集後記◆




春のセンバツ高校野球が始まっていますが

私は

いつも始まってから始まっていることを知るという

感心のなさ



毎年3月下旬は慌ただしかったり

また野球を見る体勢になっていなかったり



プロ野球の方が好きな私は

プロや狙う選手の評価がある程度揃った高校野球の夏の大会の方が

「どんな選手かな?」

と、思って見るので面白いです。



私の自宅は、近畿代表のO阪T蔭高校の近くですが

先日、阪神OBの赤星氏が

「O阪T蔭にはドラフト上位で氏名される可能性がある選手が6人いる」

マジかい!


1チーム9人で戦う中で6人がプロに上位で入るレベルの高校って

強すぎやろ

赤星氏がいう6人が誰なのかチェックしてみようと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント