こんな管理会社は契約解除しましょう


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


一棟物件を所有している場合

管理会社に任せている場合が多いと思います。


管理会社の収益源と言えば


まずは管理料です。

原状の家賃の5%くらいが相場だと思います。



他に

毎月一定の収益源としては

清掃費です。

但し

自社で清掃は行わず

清掃業者に投げて

マージンを乗せて大家に請求しています。

そのマージン分が

毎月の安定収入になります。



その分は確実に回収できるので

ある意味、空室の出れば減ってしまう管理費より

美味しいかも知れません。



他には

客付けの時に

入居者が払う仲介手数料

自社で客をつければ広告費も取れます。



なので

金儲け主義で大家のことを考えない管理会社の場合

公に募集情報を流さず

仲介手数料と広告費の両手取引を狙います。

こうなれば

もう賃貸経営のパートナーとは呼べませんね。



他には

リフォーム代金です。



もちろん

大家としては

リフォームをどこに投げても自由な訳ですが

普通は

管理会社が出してくる見積りが最初の候補になるでしょう。



それに

・給湯器が作動しない

・コンロが使えなくなった

などという

緊急を要する事態は

相見積もりを取っている時間がありません。



なので

金儲け主義の管理会社なら

かなり相場より高い

リフォーム代金を請求してきます。



何故なら

明朗かつ明瞭な値段である管理費より

価格が不明瞭で

「そんなもんかな?まあいつも管理で世話になっているし」

で、受注することが出来る

リフォームで儲けるのが一番効率がいいからです。



実は、私が今使っている管理会社の1つが

どうも

ここでいう

金儲け主義の管理会社なんじゃないか

という心象を得ています。



まあ、間もなく契約解除することになるでしょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント