FC2ブログ

去年の確定申告と比較してみて、改めて気づいたこと

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





昨日、税務署に訂正申告書に提出し

やっとひと段落って感じです。



私の場合

平成29年度は譲渡税が多額に掛かるのは

大きなトピックスですが

それ以外の課税所得は

前年とほぼ同額になりました。



去年の2月に九州1号物件を売って

去年は新たな取得はないので

本来なら課税所得が少なくなるのが当たり前です。



それなのに何故減らなかったのか?




その理由は

社会保険料が大幅に減ったことです。



平成28年は9月から法人を設立して

少額の給与をもらうようにして

社会保険料が少なくなるようにしました。



そのため

平成29年度は、全て法人からの給与に基づく社会保険料

平成28年度は、8月までが国民健康保険と国民年金



なので

平成28年度が74万円だったものが

平成29年度は、18万円に減額されました。



その差額、56万円の課税所得増要因



一方で

所得減少要因としては

売却した九州1号物件の影響があり



売却した九州1号物件の年間家賃は約200万円で

経費が年間約50万円ですので

ネットで150万円

減価償却費が約100万円です。



そのため

売却した分の所得減少分が約50万円(150-100)

その他、課税所得増分が、約56万円(で

ほぼニアリー



こんな結果ですね。



但し

キャッシュフローを見ると

キャッシュインが150万円減って

キャッシュアウトが56万円減った訳ですから

ざっと100万円、前年よりキャッシュフローが減っているということです。



新規の物件を買わないといけません。



このように

前年の確定申告書と並べてみると

面白くて

自分の不動産賃貸経営の強み、弱みが分かるので

是非、やってみてください。




◆編集後記◆




歌手の大橋純子さんが

1期の食道がんを公表しました。



その記者会見をミヤネ屋でライブで見ました。

ミヤネ屋のコメンテーターにジャガー横田の夫での木下医師が出ていましたが

その説明によると

食道がんの場合、1期であっても食道は全摘出して、

胃を引っ張り上げて胃の一部を食道の代わりに使うようにするんだそうです。



そうする理由は

そうしないとリンパ節郭清(「カクセイ」はこの字?)が出来ないんだそうです。



ちなみに0期というのもあり

その場合は、内視鏡で引っ掛けて切除することが出来るんだそうです。



なんか凄い話ですね。



食道がんの原因は

主に喫煙と強いアルコールの模様です。



喫煙は論外ですが

ウイスキーや焼酎などをロックやストレートで飲む方は

飲み過ぎない方がいいですね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント