ここに歪みあり!チラシに載っている2つの物件を比べてみました

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





土日祝の新聞のチラシには、不動産のチラシが多いですが

そんな中

今朝の新聞のチラシで

あれっというものがありました。



それは土地ですが

A物件

JRの普通車のみ停車駅徒歩8分

約34坪 更地

2180万円



B物件

JRでA物件の隣の駅で快速停車駅徒歩11分

約30坪

更地と書いていないので多分古家付き

1100万円



この2つの物件が

チラシの中に隣同士で並んでいるので

つい目が行ってしまいました。



値段を除く条件は、A物件の方がややいいとは思いますが

値段が約2倍になるほどA物件が勝っているとは思えません。



では、何故こんな値段の差が出てしまったのか?



B物件の場合

小学校に通うには交通量のメチャメチャ多い国道を超えて

通う必要があり

かつ、かなり遠いこと。



この理由が大きいのではないかと思います。



中学生なら国道の横断はまず心配はないですが

小学生となると

6歳の子が交通量のメチャメチャ多い国道を渡る必要があるので

親としてはかなり心配ですし

6歳児が毎日そんな距離歩けるのか?という問題もあります。



実は、私も自宅を探している際に

B物件の近くの物件を買おうかと思ったことがあるのですが

小学校がメチャメチャ多い国道の向こう側なので止めました。



そういうマイナスポイントはあるのですが

買主には色んな立場の人がいます。



小学生以下の子供がいない家庭や単身であれば

小学校云々は何も影響ありません。



だったら

B物件の方がコストパフォーマンスがいいですよね。



買主の立場が違えば

いい物件の定義も違ってくる訳ですね。

これも1つの歪みかと思います。



あと

A物件は更地

B物件は、多分古家付きだと思われますが



新築を建てたい層には

更地の方がいいです。



しかし

投資家なら

もしかしたらB物件の古家は使えるかも知れません。



だとすると

B物件の方がかなりお値打ちかも知れないです。



こんな所にも歪みがありますね。



不動産は定価のない世界

だから面白いですね。



◆編集後記◆



昨夜は久々に立て続けでメダルが生まれました。



フジTV系のスピードスケートのマススタートと

公共放送のカーリングとをチャンネルを変えながら見ていましたが

マススタートで高木菜那選手が、オランダの選手がコーナーで膨らんだところを

インから抜いて金メダル獲得



暫く余韻に浸った後は

カーリングに変えて手に汗握る。



最終回の英国の最後の1投を残したところ

ナンバー1(中心に最も近い)は英国

1点リードも、同点にされ延長突入を覚悟していました。



しかし英国のショットでナンバー1の英国のストーンを弾き出し

日本のストーンがスルスルと真ん中に・・



ありゃりゃ勝ってもうた!



あっけない幕切れでした。

私はカーリングには詳しくないので違っているかも知れないですが

英国の最後の1投が、どのストーンにもかすらずに通れば

英国に1点が入り

延長戦突入だったのではないでしょうか?



だとすると英国は何を狙っていたのか?

って思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント