ペット可物件の入居契約の際に気を付けるべきこととは?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





ペットを飼うことが出来るペット可物件の入居契約時に

注意すべきことについて書きたいと思います。



それは

「種類と頭数を限定すること」

です。



ペットと言っても

犬猫だけとは限りません。



例えば

蛇やイグアナなどの爬虫類


カエルやイモリなどの両生類など


こんなのがいつの間にか逃げ出して

廊下などの共用部にいたら・・



やはり

犬猫はOKでも

このような動物はイヤな人が多いのではないかと思います。



頭数というのか匹数というのか分かりませんが



猫が何匹もいて

猫屋敷になっている家ってあります。



その場合

どうしても

1匹2匹より、うるさいし汚れます。



なので

例えば

「犬または猫で2頭(匹)まで」

とかにしておいた方がいいです。



あと

犬の場合は

大型犬と小型犬では

建物の傷みが随分違います。



大型犬は

声が大きくので騒音トラブルが起こりやすく

力が強いので建物の建物の負荷が大きくなります。



そういうのが心配なら

犬種まで限定するといいかと思います。



◆編集後記◆




昨夜は

五輪のカーリング女子準決勝の最後の方を見ました。



日本チームは、土壇場で追いつき延長戦に突入も

惜しくも敗れ金銀の可能性はなくなりましたが



3位決定戦に勝利すれば銅メダル獲得



カーリングのルールは完璧には知らないのですが

終盤の攻防は興奮しましたね。



しかし

氷上のチェスというだけに

「しんき臭い」という人も多いです。



そういう人の場合

将棋や囲碁もサッパリという人が多いです。



私は将棋は駒の動き方のルールくらいしか知らず

囲碁は全く知らないので

対戦を見ていてもどちらが優位なのかサッパリ分かりませんが

カーリングならある程度分かるので



「しんき臭い」と思う方も

一度見てみては如何でしょうか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント