民泊の赤字も仮想通貨の赤字も損益通算できない

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日は卒業式、歯医者、映画の試写会と

行事が立て続けだったため

記事を休ませていただきました。



確定申告の作業も進めて行っていますが

民泊と仮想通貨の所得って何所得なのかについて書きたいと思います。



これは、以前、セミナー資料をもらった中に

記載があったのですが



それによると

民泊が

自分がホストとなる場合は

不動産所得にならず

民泊ホストに物件を貸して家賃収入を得る場合のみ

不動産所得になるんだそうです。



では、自分がホストになるパターンの場合

どの所得になるかと言うと

それが本業なら「事業所得」



本業が別にあるなら「雑所得」になります。



事業所得や雑所得だと

赤字の場合

他の所得と損益通算できません。



民泊の場合

初期に家具などの設置が必要ですし

リスティング掲載しても、近い日付から順に予約が埋まる訳ではありません。



それに

借りて始める場合は

礼金や仲介手数料や保証料などが掛かって来ます。



そのため

初年度は、赤字になり勝ちです。



家具の購入・搬入・設置や運営や

リスティング掲載やアカウント作成などを

代行する会社を入れた場合

手数料もそれなりに取られるため

余計に初年度は利益が出にくくなります。



その赤字が

損益通算できないのは厳しいですね。



あと

去年「億り人」という言葉が流行して

仮想通貨も

本業なら事業所得

他に本業があるなら雑所得



仮想通貨を本業でする人は殆どいないでしょうから

ほぼ雑所得になります。



ですが

含み益の場合は

税金が課されません。

売ったり使ったりして始めて課税されるので

現時点の私のように

買うだけの場合

申告の必要はありません。




◆編集後記◆




昨日の映画の試写会は

「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」です。



主演は「空海」役の染谷翔太と「白楽天」役のホアン・シュアン



映像はキレイでしたね

壮大なスペクタクルって感じです。



但し、陰陽師の作者である夢枕獏氏が原作ということで

「幻術使い」が出てきたりして

ストーリーはよく分からなかったです。



見て帰ってきてTVをつけると

染谷翔太が告知に出ていました。



本人曰く、謎が次々と解き明かされるって言っていましたが

そうかなぁ?って思ってしまいました。



まあ、壮大な映像美が見たい方は

楽しいのではないかと思います。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント