FC2ブログ

繁忙期に入居申し込みを獲得するには、3月を日割り家賃に

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




昨日は、朝から夕方まで

不動産投資セミナーだったため

記事は休ませていただきました。



午前に

「まだ間に合う!!3/末までに空室を満室にするテクニック」

と、いうタイトルのセミナーがありました。



私が所有する大阪1号物件は

3月末退去のため

この日、学んだテクニックは役に立たないと思っていたのですが

役に立つ内容がありました。



それは

「退去月の家賃を日割り家賃にする」ことです。



普通の賃貸借契約では

入居月は日割りですが、退去月は日割りの適用なく全額を払うようになっています。



すると

入居者としては

「月末まで権利があるんだから、退去予定日を月末として退去届を出したらええわ」

と、仮に引っ越しがそれより早くても

「3月末退去」で提出することになります。



しかし、これを日割り家賃にすれば

引っ越し後の期間は空家賃になってしまう訳ですから

実際の引っ越し日を退去日に設定してもらえる確率が上がります。



賃貸需要は、3月までと4月以降では約半数になると言われています。

なので

3月退去の場合に限定しての対応になります。



カレンダーを見ると

3月17日、18日の土日

3月21日の春分の日

3月24日、25日の土日



実際の引っ越しの確率が高いのが

今挙げた日になります。



例えば

実際に3月24日か25日に引っ越しすると分かった場合

リフォーム業者を26日~30日に予め押さえておけば

「3月31日から入居可能」

と、広告が打てます。



3月31日、4月1日は土日ですので

ここで引っ越しを予定している人の要望に応えることが出来ます。



また

4月以降に引っ越しを予定する人にとっても

入居できる日が確定していると

3月に申し込み、4月以降入居と言うことも可能です。




日割りを導入していなかったら

引っ越し日が分からないので

リフォームの手配も出来ない。



リフォームの手配が出来ないので

いつ入居出来るのか分からない。



いつ入居出来るのか分からないので

広告が出せない。



こんな悪循環に陥る訳です。



あと

3月までの申し込みの方限定のプレゼントも

効果があります。



私の場合は

期間限定せずにプレゼントを導入していますが

テレショッピングを見ても

「期間限定」は効果があるので

私も期間限定を導入しようと思います。



◆編集後記◆




昨日は、朝と昼はセミナーでしたので

五輪の男子フィギュアのフリーはライブで見れずでした。



日本選手のワンツーfinishと最高の形になりましたが

実は、私が注目していたのはネイサン・チェン選手です。



団体戦のショートで失敗して80点代

その失敗を引きづり個人のショートも失敗で81点代



この流れ、ソチ五輪の浅田真央さんと同じパターンです。

真央ちゃんは、フリーで歴史に残る感動の演技を見せたので

ネイサン・チェン選手(米国)がどんな演技をするのか凄く興味がありました。



家族にラインで「フィギュア録画して」と、送った時は

既にパトリック・チャンで、ネイサン・チェンは終わっていました。



夜にTVでリプレーがあると思っていたのですが

羽生、宇野 一色の報道



結果としては

フリープログラムだけの点数は

ネイサン・チェンが1位、羽生選手が2位



なので

ネイサン・チェンは会心の演技だったのでしょう。

きっと感動したと思うのですが

今後、見ることはないでしょうね。



アメリカ人がYouTubeに上げてるかも知れないので

ダメ元で探すようにします。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント