FC2ブログ

医療費控除で節税を図る

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





確定申告の受け付けが間もなく開始されますが

所得控除の項目の中で

意外に忘れがちなのが医療費控除です。



所得控除の項目には

・社会保険料控除(年金や健保)

・生命保険料控除

・地震保険料控除


などがありますが



会社員の場合には

社会保険料控除は源泉徴収票の面で計算されていますし

生命保険料控除や地震保険料控除は

年末調整の時に書類を会社に提出することで

会社の方で計算されて

源泉徴収票に反映されています。



このように何もしなくていいので

何かアクションを起こす必要のある

医療費控除を忘れるということになり勝ちです。



医療費控除の計算は

所得合計の5%と10万円の小さい方が基準とされ

年間の医療費合計が

その基準を超えた分が

所得から控除されるというものになります。



なので

多くの人は10万円を超えるかどうかが基準になります。



と書くと

「私は1年で10万円も医療費を使わない」

と、いう人が多いですが



1人当たり10万円ではありません。

生計を一とする家族で合算が10万円を超えればいいです。



1回1000円や2000円の医療費であっても

家族の分を合算すれば意外と多いことが多いですし



病院へ行く時の交通費も含み

ドラッグストアで買う薬代も

薬局へ行くための交通費も入れて合算すれば



多くの家庭では、

10万円を超える=医療費控除を受けることが出来るので

レシートを掻き集めて計算してみるといいです。



会社員の方で

自分は医療費をそれほど使わない場合でも

お子さんの医療費が結構かかっていたりするものです。



また

医療費控除できる程、医療費を使わない場合

薬局やドラッグストアで特定の薬を買った額に応じて

セルフメディケーション税制というのもあるので

やらないと損ですね。



実は、私の実母が数年前

ある怪我で

割と頻繁に外科に通うことになり

年取っているので通うのがシンドイので

毎回タクシーで1回5000円ほど使っていました。



なので

「タクシーの領収証を毎回もらって医療費控除したらどう」

と、アドバイスしたところ



タクシーの領収証は全て保管していましたが

病院での治療費の領収証は全て廃棄



「病院での治療費の領収証は?」

と尋ねると

「あの1回200円ほどのかい?あんなもん全部捨てたわ!」


アカンがな!


病院へ通う実態があってこその交通費ですので

このような本末転倒にならないようにしましょう。



ちなみに

医療費控除に関しては

この無料レポートが参考になります。

→ http://mailzou.com/get.php?R=83476&M=27727


◆編集後記◆



今日の昼のバイキング(フジTV系)で

冬季五輪 日本選手金メダル獲得のシーンを振り返っていましたが

間違っている部分が1つありました。



それは長野五輪の男子ジャンプ団体戦

原田選手の時に、激しい雪が降ってきて視界がなくなり

前回の大会の失速を思い起こさせる79メートルの失敗ジャンプで4位転落も

ラストの船木選手の大ジャンプで大逆転と報道していましたが

これが事実と全然違っているんです。



真実は、そこまでドラマチックではありません。

1本目で原田選手の失敗でその時点で4位に落ちたものの

2回目は、岡部選手と斉藤選手の大ジャンプ

3人目の原田選手が、1本目を挽回する140メートル越えの最長不倒で

4人目の船木選手は、よほどの失敗をしなければ金の状況で

成功して金メダル確定です。



フジTVの大企業が

そんな間違った報道をしてはダメですよ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント