ローリターン=ローリスクとは限らない

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





投資の世界では

ローリスク=ローリターン

ハイリスク=ハイリターンが常識です。

しかし

不動産投資の場合

ちょっと違うのではないかと思います。



ちょっと違うというのは

最近話題になっている

例のシェアハウス「かぼちゃの馬車」問題



色々とツッコミどころ満載ですが

元々は低リターンの投資です。



返済比率が高く

サブリースの家賃をもらった計算で

億単位の物件にも関わらず

手残りが月に10万円くらいとか・・



この場合

ちょっとでも契約家賃が下がったり

修繕が発生すると収支はマイナスに転落

つまり

リスクは非常に高いです。



ということは

「低リターン・高リスク」の投資の誕生です。

これって最悪ですよね。



つまり

リスクを下げるためにはリターンがそこそこ必要で

「利回りの高さでリスクを低減する」ことは

不動産では普通にあるのではないでしょうか?



結局、物件を高く買ったことが

かぼちゃの馬車の場合の大失敗です。



それは

大手ハウスメーカーが地主に

家賃保証で安心させて物件を乱立させているのと

同じ構図かと思います。



不動産投資で儲けるためには

高値掴みは絶対に避けるようにしてください。




◆編集後記◆




元フジTVの有賀さつきさんが死去

享年52歳 死因は公表されていません。



有賀さんと言えば

F1中継の時のエピソードが語り草になっています。



解説で出ていた森脇基恭さんのメチャメチャ詳しいメカに関する説明を聞き

有賀さんは

「森脇さんって凄く詳しいですね。通みたい・・」

通ってどうよ!、本職やけど・・



そういうよく言えば天真爛漫

悪く言えばアホ



まあ、当時のフジTVの女子アナは

多少、そういう感じがありましたが・・



52歳と言えば、私より若いので

私も健康には留意したいと思います。



ご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント