沖縄の物件で気を付けるべきこと

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





今日は民泊物件の設備に不具合が発生し

管理会社と工務店とで打ち合わせ。

管理会社の方は、担当者退職により

社長直々のお出ましでした。



その社長さんは

前々から民泊に興味をお持ちで

色んな話がでました。



その中で

友人から

「沖縄の民泊物件を買わないか?」

と、言われているんだそうです。



その物件は

那覇空港から車で1時間と少し

3LDKの木造で価格が3500万円ほど



民泊をやった場合の

宿泊費の合計が年700万円くらい。



単純計算すると

利回り20%という計算になります。



その社長さんは

2つの懸念事項があるとのことです。

まず

・那覇空港から車で1時間と少しという立地で宿泊する人がいるのか?



もう1つは

・台風が多い沖縄で木造で大丈夫なのか?



意見を求められたのですが

沖縄にそれほど詳しくない私でも知っていることと言えば



沖縄の好立地は

他の都道府県からの人気が高く

土地値が高騰

しかし

家賃相場は、それほど高くないので

利回りは、凄く低いということくらいです。



なので

お金儲け(投資)として見るならば

あまり適さないのではないでしょうか?



それと

この社長が言うように

木造は確かに厳しいです。



築が浅いうちはそれなりにもってくれるとは思いますが

東京や大阪の木造に比べると

災害リスクが格段に上がります。



なので

・利回りが低いことと

・構造を選ぶ必要があり木造では厳しいこと。




沖縄に投資する場合は

この2つに注意する必要があります。



分かれた後

民泊としての

先ほどの話の信憑性をざくっと検証してみました。



3LDKですので

ざっと5人~10人のゲストが泊まるとして

1泊単価が安くて1万5000円

上限が3万円くらいかと思います。



月に20日埋まるとみて

月に30万円~60万円



年だと12を乗じて

360万円~720万円



なので

私が考えられる上限の単価で月に20日稼働で

聞いていた700万円となります。



私は、実際に、沖縄の民泊の単価を知らずに言っているので

実際に可能かも知れません。

しかし

何かちょっと希望的観測過ぎる気がします。



◆編集後記◆




今朝の東野幸治がMCの「正義の味方」(朝日放送)で

仮想通貨の専門家の慶応大学の先生が出ていました。



その中で

コインチェックの不正流出などに合わないようにするには

個人でウォレットを用意してそこに仮想通貨を保管すべきである。

それに対し何故、コインチェックなどの取引所のウォレットに預けている人がこんなに多くいたのか?

と、いう意見があったのですが

「短期的な投機目的で買っている人が、コインチェックなどの取引所に預けている」

と、いう回答。



私もそういう人ですので

「投機目的で悪かったなぁ」

って思ってしまいました。



昨日はどの通貨も軒並みダウン。

私の含み益もかなり減りました。



ここから断続的に落ちていくのか

それとも反転して上がっていくのか誰にも分かりません。



相場で儲けるだけだと、

相場の上げ下げで一喜一憂する状態から抜け出すことはありません。

なので

今後はコインの保有量を増やす

マイニングに重点を置く方がいいかも知れません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント