FC2ブログ

高齢者の金融資産残高に税金が課されるようになると・・・

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





「ミヤネ屋」をつけてパソコンを作業していたら

どうやら税金特集をやっていて

税理士が出演して

「セルフメディケーション税制」などと言っていて

面白そうだったので

ちょっと目をTVの方に向けてみました。



「セルフメディケーション税制」

この確定申告(平成29年分)から適用される制度で

医療費控除を受けるほど医療費を使わなかった人にメリットがある制度ですが

持病を持ち毎年、医療費控除を受けてる私としては

まあ関係ありません。



しかし

あなたが使った医療費は少ないので、これまでは、医療費控除を受けれない場合は

今後は、セルフメディケーション税制のメリットが受け取れる可能性がありますので

調べてみてください。



それと

医療費控除とセルフメディケーション税制の両取りは出来ません

どちらか一方になりますので注意してください。



それとは別に

所得のない高齢者に税金を課すことも検討されているんだそうです。



高齢者の方で

収入は少ない(または、ない)場合でも

所有資産額が多い人がいるかと思います。



今までの税制では

このような人から税金を取ることは出来ませんでした。



しかし

今後は金融資産2000万円以上を所有している場合は

税金が課せられるようにすることが

マジで検討されているとか・・・




これによって被害を受ける人の類型を考えてみると


・若い時に一山当てて財を成した分を取り崩して生活している人


・生涯独身で来たので、使う宛がなく、金融資産が多い人(今後、こういう人が増えるかも?)


・宝くじの当選金を取り崩して生活している人


・不動産を売って得た資金を取り崩して生活している人



など



驚くべきことは

「その免税点の低さ」です。



金融資産2000万円なんて

物件1つ売れば大きく超えてしまう金額です。

そんなのに税が課されたら、たまったもんではありません。



こうなると

税を逃れるためには方法は2つしかありません。


・お金を消費して金融資産の額を減らす


・資産を金融資産から別の資産にシフトする




このうち

後者だと

株、仮想通貨、不動産でしょう。



当然、不動産にも、その資金が流れてくるので

我々、不動産投資家は怖いですよね。



今までは

地主が不動産賃貸の世界に入ってくることで

物件が供給過剰になることを恐れていたらよかったのが



今後は、金融資産の多い人も

資産を金融資産から不動産にシフトする流れが出てくれば

余計に物件の供給過剰が進むことになります。



喜んでいるのは

ハウスメーカーだけ



先ほど

株や仮想通貨にも変わると書きましたが


株に変われば、株価が上がり政権は安定します。

政府は

そういうことも狙っているのではないかと思います。



仮想通貨の方は

既に、バブル臭いですが

まだまだ値を上げていくことになるのではないでしょうか?



となると

主要な仮想通貨を毎月定額

例えば、1万円ずつ3通貨 合計で月3万円とか

買っていくだけで

アホほど増えていく可能性が非常に高いですね。




◆編集後記◆




今日は、午前から今宮戎神社に参拝してきました。



今宮戎には福娘コンテストという美人コンテストがあるのですが

最終の30人だったか50人だったかが

笹や飾りを売る役として奉仕(?)することになっています。



今日、行くと、何も作業をしていない福娘がいて

何をしているかと参拝者のカメラ撮影に対してポーズしていました。

確かに、そういうニーズもあるにはありますね。



以前、会社の後輩で福娘コンテストに出た人がいて

その人の話では

「水着審査の時は、審査員に上から下まで舐めるように見られるのが恥ずかしかった」

と、言っていましたが



福娘コンテストに出るような人は

芸能界やアナウンサーなど人に見られる職業を目指している人が多いので

人の視線くらいどうってことないのかと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント