FC2ブログ

私が新築を建てるなら・・

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





私は、新築をやったことがないですが

もし建てるなら

「こうしよう」

と、いうのがあります。



それは「ペット可物件」です。



中古のアパート・マンション等の集合住宅で

今までペット不可だった物件だったものを

ペット化に変更するのは、色んな軋轢があります。



ペット嫌いの入居者もいますし

ペットの鳴き声をうるさいと思う入居者もいるでしょうし

ペット不可だから、その物件を選んだ入居者もいるかも知れません。



しかし

最初からペット可にしておけば

そういう問題はありません。



世の中にはペット可物件はまだまだ少ないです。

なので

・ペット不可の物件より高い家賃も取れて

・ペット不可の物件より入居率も高く保てる可能性が高いです。

・ペットがいることで壁などが傷み易いので、敷金・礼金もペット不可の物件より多くもらうことも出来ます。




メリットは大きいですね。



但し

床・壁などは、傷み易いというデメリットがあります。



なので

それなりの工夫が必要かと思います。



普通のフローロングは傷がつきやすいので

上にクッションフロアを敷いておくようにすべきです。



壁は、通常の、石膏ボードの上からクロス貼りでは

ボロボロになる可能性があるので

壁材には、もっと表面の強度の強いものがいいです。



畳もボロボロになることが予想されるので

全洋室を基本とすべきです。



このようなメリット・デメリットがありますが

世はペットブーム

メリットの方が大きいのではないでしょうか?



◆編集後記◆




星野仙一氏死去のニュースには

衝撃が走りました。

死因は、すい臓がん



去年の11月の野球殿堂入りを祝う会の時の映像などを見る限り

闘病中にはとても見えませんでした。



星野氏と言えば

阪神が、野村監督が3年連続最下位で

チーム再建にさじを投げた際に

「このチームを立て直せるのは、星野しかおらん」

と、捨て台詞を吐き



それを聞いた球団幹部が

丁度、中日の監督を退任した星野氏を説得し

阪神の監督に迎えたものです。



その結果、2年目にリーグ優勝を達成。

長く辛い時期を過ごしてきた我々阪神ファンも大いに喜んだものです。



しかし

その年の日本シリーズでは、

調子を落としていた伊良部などシーズンの功労者を起用し

しゃにむに勝ちにいかず、ホークスに3勝4敗で

日本一を逃したのが残念でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント