FC2ブログ

「期末が近づくと融資が緩くなるんだ」と、感じた私の実体験

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





金融機関の融資は、決算期には緩くなると言われています。

それは何故かと言うと

融資担当の銀行員にはノルマがあり

各支店にも新規融資のノルマがあります。

そのノルマが決算期で区切られる訳ですから

途中経過で厳しい銀行員や支店は必死になるからです。



金融機関の決算期は3月ですので

1月から3月は

4月、5月くらいには無理だったような案件でも

すんなり通ることが考えられます。



実は、私は、

「年始から融資が緩くなるんだ」

と、実感した経験があります。




九州2号物件を取得する前に

同じく九州の物件に買付けを入れました。



その時は、当時、M井S友銀行が融資が緩いと評判でした。



会社のメインバンクがM井S友銀行でしたので

会社の財務部の銀行との渉外を担当していた人間に

M井S友銀行のうちの会社の担当者の名前を聞き出し

その人に電話を入れて

融資担当者を紹介してもらいました。



そして要求された書類を持参に訪問したのが

9月下旬でした。



しかし

かなり厳しかったです。



数か月前に物件を所得したばかり(九州1号物件)で

「何故買い増しするのか?」とか

「ペースが速過ぎないか?」とか

挙句の果ては

「何故、不動産賃貸経営をするのか?」とか



結局、2か月半待たされ

その年の年間給与総額が確定する時期まで突入し

その年の年間給与総額が700万円を超えたので

M井S友銀行をほぼ諦めて

Oリックス銀行の不動産担保ローンを打診することにしました。



結果的に、Oリックス銀行の審査に落ち

(理由は、今年は700万円超えていても、前年の給与総額が休職のため0円だったため

または、団信に問題があったかどちらか)


次の作戦を練っている年末頃

M井S友銀行から電話がありました。



その電話の内容は

「団信を通れば融資OKとしたい」

と、いうことでした。



その時点で買付けから3か月経っていて

実は、手遅れだということが発覚し

取得を断念しました。



この経緯から分かる通り

M井S友銀行の

9月のダメダメから

12月末の「手の平を返したような」OKへの変化



これを見て

「やはり期末が近づくと融資って緩くなるんだ」

と、実感しました。



金融機関は不良債権を抱えたくありません。



なので

期首辺りは厳し目に評価して融資を絞り

期末近くになると

ノルマ達成のために融資を緩める傾向があります。



なので

これから3か月が取得のチャンスです。



但し

担当者、支店によっては

既にノルマ達成という場合もあります。



そんな場合は

上積みする必要はないですので

来期回しになったり

厳しく評価されることが考えられます。



全ての銀行員・支店が今後3か月の間、融資が緩くなる訳ではないので

その時は「運が悪かった」ということです。




◆編集後記◆




先週くらいに街を歩いていると

通り過ぎる車から荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」が

大音響で流れていました。



ヒット曲がほぼこの曲しかない元一発屋アイドルが

ここまで脚光を浴びるとは、まさにバブルですね。

これも登美丘高校ダンス部のバブリーダンスのお蔭ですね。



その登美丘高校ダンス部のバブリーダンスですが

現在高3の元キャプテンの伊原六花さん(「リッカ」と読むそうです)が

芸能事務所(広瀬すずを擁するフォスター)入りするんだそうです。



同じ関西人としては頑張って欲しいです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント