なるほど!団信で融資を引いているあなた、注意してください


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


楽待のコラムを読んでいて

「なるほど!」

と、膝を打った記事があったので紹介します。



テーマは

「団信の盲点!これをやっている大家はほぼゼロ?」
です。



団信とは団体信用生命保険のことで

融資を引く時に

債務者(借り手)が死亡した時に

借入金の残額が、保険金で弁済されるというものです。



これにより

借金はチャラになり

後は財産が残るので

遺族にとって有難い制度です。



また

銀行にとっても

利息は取れないが

元本が確実に回収できるので

有難い制度です。



しかし

確かに借入はなくなりますが

誰がその不動産を相続するかという問題が残ります。



相続の基本的なパターンは

配偶者と子供がいるパターンで

配偶者が1/2

子供が、残り1/2を人数で分割するというものです。

これだと、揉めることは少ないと思います。



問題は

子供がいなかった時です。



子供がいない人が亡くなった場合の相続は

配偶者と死亡した人の親又は兄弟姉妹です。



これ揉めると思いませんか?

親は既に亡くなっている場合が多いと思いますが



配偶者VS.兄弟姉妹

が、ややこしそうです。



亡くなった人の兄弟姉妹は

確かに自分の兄弟姉妹が亡くなって

悲しい気持ちがあるとは思います。



しかし

何の努力もせずに

大家さんになれるチャンスが転がり込む訳です。

それも融資の返済が既に終わった収益物件です。

みすみす、そんなチャンスを放棄しないですよね。



なので

こういう時には

遺言を残して配偶者が全部相続出来るようにしておきましょう。

と、いう内容の記事でした。



その記事はこちら

→ http://www.rakumachi.jp/news/archives/118150




私なりに、少しだけ補足すると

独身の方ならまだ、マシだと思います。



独身の方が亡くなって

その兄弟姉妹が相続する場合

立場的には、基本同じですよね。



しかし

この事例の場合は

配偶者と兄弟姉妹は全然立ち位置が違います。



配偶者は

基本的に、同一家計であり

不動産賃貸業の共同経営者的な立ち位置です。



それに対し

兄弟姉妹は、相談くらいは、されたかも知れないですが

亡くなった方がやっていた不動産賃貸業とは

無関係であることが多いです。



なので

私は、配偶者が相続すべきだと思います。



法というのは

実際の事例を踏まえ

後で形成されるものです。



なので

実態に則しないことも意外にあるということですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント