新築を買う時に欠かせない作業とは?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

最近は中古で利回りが出るのが少なく

「どうせなら新築の方が・・・」

と、いう方も少なくありません。



新築なら

修繕費が当分抑えられるため

出費が少なく

相場より高い家賃を取ることが出来るので

そういう点も注目されている理由の1つです。



しかし

新築を買う時には

これをやっておかないと大変なことになる作業があります。



それは





近隣の相場チェックです。



新築物件に最初に入る入居者は

相場より家賃で入居してくれるでしょう。

しかし

その人が退去した後は

もはや、新築物件ではなくなります。



なので

大きく賃料を下げて募集せざるを得ないです。



例えば

新築時6万円が1回退去が出ると

5万円とか4万8千円とか・・



こういう現象を

“新築プレミアムの剥げ落ち”と言います。



もし、ここで

近隣の家賃を調べずに

甘い予測の元に収支を想定している場合には

思わぬしっべ返しがある場合があります。



なので

新築物件を買う時には

新築プレミアムの剥げ落ちの後に

いくらで貸せるのかを充分に調査してから

買うようにしてください。



調査の仕方は

売買で仲介業者に接触すると思うので

その人に尋ねる。



他には

近隣の賃貸ショップを回る



他には

ウェブサイトで募集している家賃を参考にする。



この3つの方法です。



必ずやっておくことを

オススメします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント