ローンの目的外使用を検討中

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






我が家の場合

子供を大学に行かせる費用に

「あと600万円くらいは必要」と試算しています。

当然、その資金の目途は立っています。



しかし

子供が大学に通っている間は

資金の量が右肩下がりになることは明らかです。



自公が打ち出している

「大学授業料の無償化政策がもう少し早ければ・・・」

と、悔やまれます。



資金の量が右肩下がりになると

買えば儲かる物件が見つかった時に

買えなくなる可能性があります。



なので

某無担保ローンを引っ張って来ることを

検討中です。



その無担保ローンとは

「日本政策金融公庫の教育ローン」です。



銀行などでも教育ローンを扱っています。



たまたま私が大阪1号物件の取得の際に

融資を引いた信金さんは

どうやら教育ローンの金利は他の金融機関より低いみたいなので

調べてみたのですが



ローンと使途は厳重にチェックされます。



窓口に行って

大学へ送金納付書を用意しておいて

「さあ、いまからローン実行します。」

との合図で資金が口座に入り

即時、振込を完了させる。



こんな流れです。



まあ、不動産の決済の時と同じような感じですね。



しかも

金利は2.8%ですので

決して美味しくはないです。



しかし

公庫の教育ローンは

「お金に色はついていない」

感じで

普通に口座に入るだけです。



なので

教育にお金が掛かる状況さえ説明できれば

無担保でお金を借りれます。



我が家の場合は

大学に行かせるのにお金が掛かるのは事実なので

厳密に言うと目的外使用にはなりません。



しかし

無担保で金利が1.36%または1.76%

期間は15年以内

在学中は元本返済せず利息のみの支払いだけでもOK



こんな条件なら

その資金で物件を買って

その物件から発生するキャッシュフローで

教育資金を捻出するという作戦も選択できそうです。




◆編集後記◆




今日は、朝から病院へ行ってきたのですが

帰りの空港急行に乗ると

立っている客もそこそこ居る中

優先座席に空席があることを発見



そこに座ったところ

隣のおじいさんが私に

「あんたは日本人か?」って

「そうですが何か・・」と返すと

「優先座席」という文字を指さして

「この意味分かるか?ワシらの席や」って



要は「ここには座ることは、ワシが許さん」

って感じです。



何じゃそりゃ?

優先座席と書いてあるが、お年寄り「専用座席」とは書いてないやろ。

それに必要とする乗客がいる時は、席を譲ればいいだけのことのはず



「おっさん、席、空いてるんやし、ええやんけ!」

と、一言言ってみたのですが

「こんなアホの相手するのは時間の無駄」

と思い

離れたところに立つことにしました。



周りの立っている客も何人かは、私と同じ目に逢ったのでしょう。



お年寄りは

すぐに「最近の若い者は・・」って言うものですが

「最近の老人にも、おかしなヤツがいるもんやなぁ」

と、思いました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント