○○によって名刺を使い分ける


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

会社員の方は会社から支給された名刺を持っていると思いますが

不動産投資するには

別に名刺を用意した方がいいですよね。


と言うと

名刺を作るには

「印刷屋に発注して・・・」

と、思う方もいますが

私の場合は

無料(正確には紙代とインク代だけ)で名刺を作っています。



作り方は、このサイトからソフトをダウンロードし打ち込んでいくだけです。

→ http://www.elecom.co.jp/rakupuri20/



私は名刺は2種類作っています。



1つは不動産投資家としての名刺

ここには

・名前

・住所

・電話番号

・Eメールアドレス

の最低限必要な情報と

表面に顔写真と

“不動産賃貸業”という職業を記載し

裏面に所有物件の写真と物件名と所在地を入れています。



用途は

銀行さんに渡す時

工事業者に渡す時など

公的に不動産投資家として動く時です。

職業が

不動産投資家ではなく、不動産賃貸業としているのが

銀行への対策だったりします。



但し

会社員の方なら

その身分が銀行に対するウリになるので

会社の名刺の方が効果絶大かも知れません。



実際に私が会社員の時も

一部上場企業の幹部職の名刺が融資交渉に有利に働いたと思います。



もう1つの名刺は

私のプライベートの名刺で

職業の部分に

不動産賃貸業の他に“情報ビジネス”として

アフィリエイトを学んだ塾の名前なども入れています。



公的名刺に載せた情報に関しては

一切省略していません。



というのは

不動産投資の情報が軸にあって

始めて

アフィリエイト出来ていると思うからです。



また

色合いも、公的名刺は落ち着いた色なのに比べ

若干、ハデ目にしています。



この名刺は

大家さんどうしの懇親会や

アフィリエイターどうしの会合など

幅広く使う名刺になります。



このように

まずは簡単に名刺をタダで作って

用途によって使い分けてみることをオススメします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント