勝ち組はもっと勝ちやすく、負け組はもっと負けやすく・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


不動産投資の世界は

勝ち組はもっと勝ちやすく、

負け組はもっと負けやすくなる世界だとつくづく思います。


例えば

年収が高くて自己資金も多い人の場合


買えば儲かる物件をじっくり選んで買い

かつ

融資を好条件で引き出します。



そうすると

きっとキャッシュフローは多く取れるでしょう。



そうすると

投資家としての実績が出来て

もっと儲かる物件を

もっと好条件の融資を引いて

取得することが出来るわけです。



なので

ドンドンドンドン勝ち組街道まっしぐらですね。



逆に

年収が少なくて自己資金が少ない人なら

融資が付きやすい物件を選ばないと

買えません。



つまり

買える物件が限られています。



そんな物件を銀行に持ち込んだとしても

多くの自己資金を突っ込む必要があったり

その手当てが出来ず

買えなかったりします。



仮に、何とか買えたとしても

高金利で期間も短かかったりします。



そうすると

キャッシュフローは少なくしか見込めません

もしかしたらキャッシュがマイナスな場合もあり得ます。



元々少ない自己資金は

購入時に使ってしまって手元にはありません。



これでは

負け組街道まっしぐらです。



このように

勝つ人はもっと勝ちやすくなり、

負ける人はもっと負けやすくなり

両者の差が自然に開いていくのが

不動産投資の世界です。



しかし

よく考えてみると

社会ってそんなものだと思いませんか?



あなたが買い物をする時もそうでしょ。

売れている店で買いますよね。

滅多に客が来ない店を好んで選ぶ人は少ないはずです。



なので

社会で経済活動を行う物(人)って

勝者はより強く

敗者はより弱くなっていくんです。



しかし

それらは単なる傾向です。



例えば

属性が悪く何度も融資を断られても

必死で金融機関を開拓し

融資条件が悪くても

何とか取得できれば

あとは経営努力で成功に導くことは可能です。



そうすれば

投資家としての属性が高まり

一気に階段を駆け上がれることもない訳ではありません。



そういうのが

ビジネスの面白さですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント