チームを作ることは大事です。しかし・・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


先日の管理会社変更で

思ったことがあります。



よく、

「不動産経営にはチーム作りが大事」

と、言われています。

オーナー、管理会社、弁護士、税理士など

これらでチームを形成出来ると

色んなリスクに対処できるようになります。


しかし

よく考えないといけないのは

それぞれが営利を追求しているということです。



弁護士は

顧問料以外は

賃貸経営上のトラブルがないと

儲かりません。



税理士は

税務申告の代行をすることで儲けるわけです。

もし、オーナーが

「経費節減のために自分で税務申告するわ」

って、言えば

全力で阻止されますよ。



とは言え

弁護士や税理士のと付き合いは

それほど頻繁にありようなものではありませんよね。



問題は

管理会社です。



オーナーと管理会社は

常日頃から関係していくため

管理会社を自分の賃貸経営のパートナーとすることが出来れば

これは安泰です。



しかし

実際は、そういう管理会社は少ないと思います。



管理会社は

自社で管理することで

安定収入として管理費収入を確保し

入居付けで入居者からの仲介手数料を得て

オーナーから広告費を得ます。

また、

清掃費や原状復帰工事も

優先的に受注できるというメリットを保有しています。



つまり

オーナーから上手く

お金を巻き上げようとすれば

いくらでも容易に出来るわけです。



例えば

・入居付けの時に、情報を他社に流さずに両手取りを狙う

・清掃費を安い業者に発注して多額の利益を乗せてオーナーに請求する

・工事を安い業者に発注して多額の利益を乗せてオーナーに請求する



こういうことは、やり放題です。



同じ方向を向いているのは

入居が決まれば、

オーナーには家賃が入り、管理会社は、その分、管理料が増える。

この程度くらいしかありません。



まあ、その分

雑多なトラブルを解決してくれていることに

感謝はしないといけないのですが・・・



なので

我々オーナーは

管理会社を厳しく管理する必要があります。



このように

チームを作るのは大事なことです。

しかし

彼らも営利を追求しているということを忘れてはいけません。



オーナー自身が

チームのリーダーとして

自分の利益のために

彼らを働かせるように

目を光らせないといけない、
ということです。

a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=939776" target="_blank">
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント