メガ大家が伝授!売り方、買い方、優良資産の残し方

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






9月3日にあった

オーナーズスタイル主催の賃貸経営フェアで

私が参加したセミナーの要点を順に発表しています。

今日は、4本目で

「メガ大家が伝授!売り方、買い方、優良資産の残し方」

です。



その日のセミナーの中で

私が1番楽しみにしていた

楽待の連載コラムニスト 安藤新之助 さんが講師です。



楽待のコラムニストには

連載コラムニストと実践大家コラムニストの区分けがあり

連載コラムニストの方が

1段上と位置づけされています。



総投資額13億1000万円

満室時家賃収入が1億円超



この穏やかな物腰の中に

どんなバイタリティーがあるのか?

って感じです。



最初のノウハウの流出どころは

「第2章 かしこい不動産の売却・購入方法」の中の

「その2 かしこく優良資産を購入するには

です。



ここでは

新築の場合のポイントとしては

・必ず数社の見積りを取ること

・引き渡し時期を決算期からズラす(決算期に引き渡しは、工事が荒くなるため)

・新築家賃を鵜呑みにしない




それから

「信頼できる営業マンに出会うこと、さらに、現場監督にも面談すること

がポイントとして示されました。



このポイントって

元現場職人、元現場監督の安藤さんならではと言う感じです。




「引き渡し時期を決算期からズラす」

という発想は

新築を建てる多くの投資家の方が

繁忙期に間に合うように、3月引き渡しを望み勝ちですが

案外盲点かも知れません。



あと

中古物件を取得する場合ですが

・自分の希望条件を紙に書いて渡すこと(口頭では、形に残らないから)

・相性のいい営業マンを見つけ
ること



ポイントとして

「自分がお客様気分 → 永久によい物件を紹介してもらえない。

こちらが営業マンのつもりで行動すること


が示されました。



確かに

商売上は、こちらがお客様ですが

いい物件は買う人がいっぱいいる訳ですから

逆に「自分が買う人である」ことを逆に営業する必要があります。



第3章の「優良資産の残し方」では

所有している土地に、アパート・マンションを建てても入居の見込みが望めない場合は

土地を売却 or 担保に 別のエリアで物件を取得すること




アパート・マンションを既に所有している場合で

一括借り上げになっている場合は

実は一括借り上げして損している場合も多いので

一般管理への変更を考えることが示されました。



この説明の中で

「一括借り上げしている方はいますか?」

と、挙手を求められた際に

私の左隣の人が手を挙げていて

その方は

「新築を建てられた方は?」にも

手を挙げていたので

ちょっと不幸な方かも知れません。



しかし

その方も

こういう集まりに参加したことで

今後の軌道修正のチャンスが出てきたわけで(それでも損は出るでしょうが)

「30年一括借り上げで楽勝 楽勝」

と、勉強しない人に比べれば

遥かにマシだと 言えそうです。



あと

「融資条件を見直すこと」

が挙げられました。



金利交渉は、昨今の低金利なので受け入れやすいので

積極的に要求すること。



あと

融資期間を引き延ばすことに関しては

現在融資を引いている金融機関に要求するのはNGと言われました。



それは何故かと言うと

「融資期間を引き延ばすことは

返済猶予=リスケジュールと見なされるから」


と、説明されました。



なので

「期間を延ばしたい場合は、他行への借り換えしかない」

と、いうことでした。



私は、既に残債が土地値以下になっている

某都銀 R銀行からの融資の期間をダメ元で引き延ばしてもらうことを依頼する予定でしたので

恥をかかずに済みました。




◆編集後記◆




一昨日からの首位 広島カープとの直接対決

阪神の逆転優勝には、3連勝しかない状況でしたが

2戦とも勝ちかけてサヨナラ負けされるという散々な展開。



残念ながら

今年も終わったって感じです。



クライマックスシリーズに勝ち

日本シリーズに出れる可能性はゼロではありませんが

球場が、マツダで、ここでは殆ど勝ててなくて

1勝のビハインドもあるので正直、厳しいか?



なので

もう来年の構想を練った方がいいのかも知れません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 弊社セミナー講師のお願い

サンワード貿易株式会社
一岡様

お世話になります。

講師にお声がけいただき有難うございます。

講演料や時間等の条件はある程度決まっているのでしょうか?
あと、受講生の方の名前とメールアドレスを、終了後、私が使っていいのかも気になります。

どうかご回答の程、よろしくお願い申し上げます。

                以上
               横田





> はじめまして。
> メールにて失礼いたします。
>
> サンワード貿易株式会社
> 大阪支店 一岡と申します。
>
>
> 弊社サンワード貿易は、FX、CXをメインとした
> 投資の対面コンサルティングをメインとした会社になります。
>
> HPはこちらになります。http://www.sunward-t.co.jp/index.html
>
>
> 弊社では毎月定期的に投資セミナーを開催しておりまして、もしスケジュールが合うよう
> でしたら横田様に、大阪にてご登壇をご依頼可能かどうかと思い、ご連絡させて頂きました。
>
>
> セミナーは土曜日の昼頃から夕方前にかけて開催することが多いですが、平日の開催も
> もちろん行っております。
>
> 弊社のセミナーはこちらでご確認頂けます。
> http://www.sunward-t.co.jp/seminar/index.html
>
> また、過去のセミナーにつきましては、こちらをご覧下さい。
> http://ameblo.jp/sunward-com/
>
>
> ご多忙と存じておりますが、こちらのメールの方をご覧になって頂きまして、
> お時間のあるときにでも、ご返信頂けましたら、幸いです。
> (※尚、大変お手数ですが“全員返信”でお願いいたします。)
>
>
> どうぞ、よろしくお願いいたします。
>
> サンワード貿易株式会社
> 大阪支店 営業部
> 一岡 誠
>
>
> 大阪府大阪市北区堂島浜1-4-16 アクア堂島NBFタワー14階
>
> 06-6343-6224
> 0120-816-221
>
> -----------------------------------------------------------------------