資産管理法人にしたことで高額医療費が安くなりました

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






入院中の前半4日くらいは

1本1万円掛かると言われている血液製剤を

1日12本点滴しました。



これって金銭的にめっちゃ心配ですよね。


こういう時に使えるのが

「高額療養費制度」です。



私の場合だと

給与所得がなく不動産所得だけで

健康保険が国保の場合

3割にする前の金額が267,000円を超えた場合

80,100円+(医療費ー257,000)×1%



ということは

月に3割負担で100万円超えるようなことがあれば

9万円くらいは掛かってきます。



この80,100円プラスいくらの範疇に当てはまるのは

標準報酬月額28万円~50万円の方ですので

多くの人が該当しますが



収入によれば

252,000円+(医療費ー842,000)×1%

掛かってしまう人もいます。

この人は、中々制度の恩恵を受けることが出来ません。



私の場合は

所得を全て不動産所得とすれば(国保)

この80,100円+いくらかの基準に該当します。



しかし

私は

資産管理法人の従業員として

協会健保に加入していて

つまり

個人の不動産所得と給与所得を分割しています。



その場合

給与所得の他にいくら所得があっても

それは問われることはなく

全ての計算が給与所得の金額で決まってきます。



私の給与額だと

医療費がいくらになっても

一律、月に57,600円以内の負担で済みます。



但し

計算は月単位で

私は先月末に入院しているので

7月、8月と2か月間引っかかり

若干、損ではあります。



これらのことから

法人を作らずに

個人で買い進めていって

メガ大家さんになるような人は

こんなこともあるので

法人を作っておいた方が絶対にいいです。



全額が自己負担になるのと

月に57,100円に限定されるのとエライ違いですので

是非、法人を利用することをお勧めします。



◆編集後記◆




台風5号は、近畿を直撃

病院のある地域も、何度も災害避難情報がスマホから鳴り

自主避難を呼びかけています。



そんな状況なので

私も外出するのはストップされ

信金も2度目の当日キャンセルも甘んじて受けるしかないという状況になりました。



しかし

こんな日でも下の子の塾はあるみたいで

本来なら私が送迎するところですが

入院中なので、それも出来ません。



今まで、大抵の時間にアッシーしてくれる

ほぼお抱え運転手のいる過保護な状況だったかと思います。



こういうのを機会に

これからは、家族も

ちょっとは自立心がつけばいいなと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント