ビジネスで成功して土地を買い進めた先祖の話

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050







入院して

自分の生と死について考えていると

不思議に、自分の先祖のことを思います。



私は、不動産の個人の小さな魚屋の家に生まれましたが

実は、曽祖父祖父の時代は

かなりの土地持ちだったと聞きます。



どうやって、それらの土地を取得する資金を得たかと言うと

蛸(泉州は、泉蛸って有名です)の出張販売で

ボロ儲けしたと聞きます。



どこに、そのエッセンスがあったのかは

今は定かでありません。



小さい頃、祖母に聞いた話では

「ここから、そこら辺まで、全部、うちの土地だった」

ということを聞き

「ドヒャーそれって何万坪レベルやん!」

驚くと共に

「何で、その土地を失ったの?」

と、思いました。




失った理由は

祖父の兄弟連中による

ギャンブルによって他人に渡って行ったのだそうです。



実際に、私が生まれた家は

建物こそ自己所有でしたが

土地は借地だったのを

父が堅実経営で買い戻したんだそうです。



なので

私の血筋には

ビジネスオーナーの血も

投資家の血も

ギャンブラーの血も流れています。



その中で

投資とギャンブルって

実は、紙一重の部分もあります。



ギャンブルのウエイトが出てこないようにしないといけません。



今日は、ノウハウめいたものは

何も公開出来ていませんが

ちょっと思ったことを書いてみました。



◆編集後記◆




入院していて辛いのは

夜9時に電気を消されてしまうことです。



いつもは1時くらいに寝ているため

夜9時だと、まだまだ宵の口です。

「そんな時間に電気消されても寝れるか?」

って感じで

仕方がないので

ふとんの中でスマホで遊んでいるのですが



それでも今日で入院から一週間

何とか、日付が変わる前に寝入ることが出来るようになってきました。



習慣って恐ろしいですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント