まず融資ありき、それから物件を選んでいく

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






数日前

中国地方の某都市の物件の情報が入り

見ると

中々いい数字でした。



その街の名前は伏せますが

前に勤めていた会社の子会社の工場が近隣の街にあるため

子会社の工場に出張する際に

宿泊した街です。



かなりの田舎なので

今後の人口減は避けられませんので

「それをどう評価するかがポイントになりそう。」



と、かなり真剣に悩んでいて

ふと

「あっ私は遠方の物件は買えないのだった」ことを思い出すました。



私のように、もう会社員の与信は利用できない

信金さんくらいしか相手にしてくれない属性の投資家は

いくらいい物件でも遠方の物件は買えません。



「この物件を欲しいな」

と、思っても融資を引っ張れないのなら

何の意味もありません。



裏技として

現地に法人の支店を開設し

地銀から融資を引っ張ったり



物件所在地域にある地銀が

取得者の住む地域に支店があれば

貸してもらえるケースもありますが

かなり稀です。



私の場合だと

融資がネックとなって

関西地域の物件しか取得できません。



なので

県の名前を見ただけで

「パス」とすべき物件で

そんな物件のことを調べる時間があるのなら

その時間を

自分の買える地域の物件を探す方がよほどマシです。



いい物件を探すのではなく

自分が買える物件の中からいい物件を探さないと意味がありません。




まず融資ありきで

それから物件を選ぶようにすることが

物件探しのポイントです。



◆編集後記◆




昨夜は

「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(テレ朝系)

の映像が衝撃的でした。



番組改変期にゴールデンの特番で放送したのですが

内容がグロいので、ボカシが入っていました。



この日は

「ゴールデンは放送禁止でしたが深夜ならOK」

と、いうことでボカシなし



アマゾン奥地の部族のサル料理。

強烈でした。



確かに、ゴールデンなら夕食中に人もいるので

あれは無理ですね。



U字工事がサル料理を食べたり

サルの骨で取ったスープなどを飲んでいましたが

「味は美味い」そうです。



私は、鶏料理すらアウトなので

サル料理はいくら美味くても無理です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント