火災保険での水災の補償額はいくら?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050







今回の台風による

福岡南部と大分県の惨状をTVで見て

大家としては、身につまされる思いでした。



この地域に

入居者も獲得できて

順調に家賃を運んでくれていた物件があり

この被害に巻き込まれた場合

メチャメチャ残念でたまらないと思います。



私の九州2号物件は、福岡県北部なので

今のところ無事なので、一安心ですが



大家になる前は

風水害の被害に、特に感情移入することはなかったですが

大家になってからは

身につまされてばかりです。



「自分が流されていった物件の所有者だったら・・」

こんなことばかり思います。



このような水害のリスクをヘッジするためには

火災保険に入るというのが第1の選択肢になります。



しかし

地震保険のように

マックスで建物再調達価格の1/2しか補償されないのは

残念過ぎます。



ですので

火災保険での水害の補償額について

インターネットで探してみました。



すると

「日経マネー」の編集部が書いたこんなページが見つかりました。



こちらです。

→ http://style.nikkei.com/article/DGXMZO96770470R00C16A2000001?channel=DF280120166579



この記事によると

現在取り扱われている火保険では

水害の補償額は

再調達価格の30%以上の損害が発生した場合

その損害額と同額の補償がもらえるのが一般的なんだそうです。



但し

ひと昔前は、補償額がマックスで再調達価格の7割が一般的だったそうですので

今加入している保険の内容を確認するといいと思います。



また、今後、新たに火災保険を掛ける際には

損害額と同額の補償がもらえる保険を契約する方がいいです。



水害のリスクは

年々増えていっているので

「うちは絶対に大丈夫だ。」

と、高を括らない方がいいですね。



◆編集後記◆




好きな芸人の3位にブルゾンちえみが入ったそうです。

ドラマ「人は見た目が100%」にも出ていましたが

意外と、棒読みではなく演技も違和感なしでした。



このブルゾンちえみをライバル視している女芸人が

ゆりあんレッドリヴァです。



先日、関西大学が受験生用に配っているパンフレットを見たところ

卒業生から一言的なコーナーで

ゆりあんレッドリヴァが載っていました。



他に

ブルゾンちえみをライバル視はしていないと思いますが

意識しているのが、堀ちえみです。



かつてはアイドル歌手でしたが

出身地である関西の地域限定タレントとして

影響力を持っています。



その堀ちえみが

某番組で「ブルゾンちえみさんが気になる」って言っていました。

確かに、名前が同じだと気になるのは分かります。

私だって阪神タイガースの

「横田慎太郎」は気になっていますから・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント