都心 VS. 地方中核都市 VS.地方

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






人口減少社会が予想されることを受け

「都心に物件を集中させるべき」と、いう方も居れば

利回りを重視して

「やっぱり地方」という方もいれば

いやいや

「地方中核都市がテッパンでしょう」という方もいらっしゃると思います。



しかし

こんな単純な話で済む訳がありません。



都心でも

人口が減っている場所もあるし

鉄道の路線・駅から遠く

空室が埋まらない物件もありますし



地方中核都市と言っても

場所によれば

限りなく都会な場所もあれば

限りなく田舎で人が住んでいない場所もあります。



要は

賃貸需要があり

入居を付けることが出来るならば

都心でも地方中核都市でも地方でも

戦えますし



反対に

賃貸需要がなければ

どんな豪華な作り豪華な設備をつけても負けてしまいます。



なので

「物件に入居がつくか?」が全てです。



ですが

1つ気にすべき重要なことがあります。



それは

「融資を引く金融機関のエリア」です。



属性がよくて都銀から引っ張られる方は

日本国中どこの物件でも変えます。



しかし

地銀や信金の場合

営業エリアが限定されます。



なので

地銀や信金からしか引っ張れない方は

基本的には

住んでいるエリアの物件しか買うことは出来ません。




例えば

大阪の人が

信金からしか融資を引っ張れないのに

東京の物件を狙っても融資がつかず買えません。




「基本的には」と、いうのは例外もあるということで

その方の生まれ故郷などに将来戻るなどの特別な理由で

住んでいない地域の物件を買うことが出来ることがあります。



例えば

大阪出身の人が東京の会社で働いていて(現住所は東京)

大阪の物件を買う場合

大阪の地銀から融資を引っ張るなどです。



他に例外としては

地銀なのに全然違うエリアに融資する銀行が数少ないですが

あるということです。ちなみに金利が激高となります。




まとめると

都心でも地方中核都市でも地方でも

入居が付き戦える物件もあれば

入居が厳しく戦えない物件もあります。



投資エリアを決める場合

どの金融機関から融資を引けるかで

エリアが決まって来ます。



なので

自分の属性なら、どこから融資を引けるのか考えて

投資エリアを考えるとよいです。




◆編集後記◆




タカタが民事再生法を申請しましたが

欠陥エアバックが今も市場にあるんだそうです。



ちなみに、私の車は去年、運転席・助手席とも交換済みです。



エアバックはちゃんと開くか試してみる訳に行かないのが辛いですが

もし事故に遭った時に、正常に開かなければ

もし、そのせいで亡くなったとしたら

そう思うと、メーカーの責任は大きいですね。



タカタの場合

ダントツのトップシェアだったことが

逆に、リスクとなりました。



そう考えると

経営って何が起こるか分からないので

難しいです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント