法人設立に必要なハンコとは?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






私は去年の9月に法人を設立しましたが

本格的に調べ出したのは

去年の丁度今頃になります。



そんな中で

去年の今頃の記事で

法人設立に必要なハンコの種類を書いていますが

実際は、どうだったかを書いてみます。



去年の段階で必要と私が考えていたのは

・実印

・銀行取引印

・会社印(角印)


この3種類です。



「会社設立3点セット」的な表現で売られています。



実印は、法務局に届けて

その上で実印を押して書類を作るので

絶対に必要になってきます。



会社印は

一般的には、4角形をしているため

角印と呼ばれ

領収書や請求書に押すハンコです。



銀行取引印は

銀行口座開設に必要です。



それで実際はどうだっかと言うと

実印と銀行取引印しか使っていません。



個人の収益物件を管理する資産管理会社という業態なのが原因なのか

資金のやり取りは振込で全部やってしまうので

特に、請求書も領収書も1枚も発行しませんでした。



但し、今後はどんな取引が発生するか分からないので

作っておくに越したことはありません。



あと、銀行取引印ですが

実印があれば大丈夫で

特に分ける必要性を感じませんでした。



それに、たまたまかも知れませんが

わざわざハンコを押すような大きな金額の取引もなく

口座開設に行った時に使ったきり使っていません。



なので

オススメは

実印と角印で充分で

そのうち角印は後でも問題ないと思います。



あなたの参考になれば嬉しいです。




◆編集後記◆




TVをつけたら

ファンタジーオンアイスをやっています。



知らない方の為に言うと

フィギュアスケートののエキシビションです。



残念ながら女子シングルの方は

平昌五輪の代表枠が2つに減ってしまいましたが

女子の10代の選手が楽しみです。



その中で、私が注目しているのが

紀平梨花選手です。



「3アクセルのほかに4回転サルコーの成功率も上がってきた」

って4回転サルコーを公式戦で決めれば

安藤美姫以来2人目の快挙です。



これは楽しみですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント