保険について私はこう思います

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





市川海老蔵の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが

今朝、亡くなったという情報が入ってきました。



最初の医師が、ガンを見逃したという噂もあり

進んでいたというので

我々も「医師も見逃しがある」

と、いうことを意識し

自分の命を守っていく必要があります。



人が亡くなると

生命保険というものがありますが

実は、平均するともらえる受給できる金額の何倍もの保険料を払っているということを

私が先週、受講したマネーセミナーで聞きました。



その講師によると

多くの人は、60歳までに亡くなった時に保険金が下りるが

その年齢を超える死亡なら一銭も保険金が下りない保険に入っている。



しかも家計の約5%もの金額を保険会社に払っている。

(日本人ほど保険にお金を使う民族は他にないそうです)



ですが

医学の進歩もあって

60歳までに亡くなる人の割合はごく僅かです。

これでは保険会社が儲かるわけです。



確かに

うちの親も、某S友生命に入っていましたが

1円も受け取らずに60歳で満期になりました。



かつて不治の病と言われたガンは

2/3は助かる時代ですし

これまた不治の病とされた再生不良性貧血は、もはや治る病気です。



実は、私は生命保険って本当に必要なのか?

って思います。



何故なら

人が亡くなって、そのことによってお金が必要なのって

葬儀代くらいでしょ。

今後、その人のために支出が増えることはありません。



その代わり

亡くならずに長く患うのってリスクと思いませんか?



薬代や医療費が容赦なく襲ってきます。

入院するなどして会社を休めば

その間、働けませんので

私は、医療保険と働けない間の収入を補てんする給与サポートを

充実させるべきだと思います。



つまり

「事が起こって資金的に困ることを保険でカバーし

事が起こっても資金的に困らないことは無視すべきです。」




収益物件を所有する方は殆ど

火災保険などを掛けることになりますが



これは火災や地震などで建物に被害が起これば

資金的に困るから保険を掛けているんですよね。



これって、先ほど私が言ったことと合致しませんか?



それなら

生命保険や医療保険も同じことだと思うのですが・・



不動産投資するには家計の見直しからです。

一度、生命保険についてチェックしてみては如何でしょうか?



◆編集後記◆




卓球の中国オープンで13歳の張本智和選手が

ベラルーシのエース サムソノフ選手に勝利



サムソノフと言えばリオ五輪でシングルスベスト4に入り

水谷と3位決定戦を戦った選手で

既に41歳ですが若い時は、世界ランキング1位を獲得した名選手です。



マジで、どこまで強くなるねん?

って感じですね。



20歳前後には、世界のトップに君臨しているかも知れません。



しかし

試合中はもう少し静かにした方がいいですね。

「チョレイ」「チョレイ」とうるさく

ネットインやエッジボールからの得点も

「チョレイ」と大声で喜ぶので

バッドマナーと取られかねないです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます