物件の臭いの撃退法

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






古い物件の場合

ドアを開けた時に、臭いがして

入居が決まらないということがあります。



そんな時のための方法を説明します。



内見の場合

第一印象が、凄く大事です。



なので

第一印象が「クサい!」では

まず入居申し込みに繋がることはありません。



臭いを撃退する方法


それは化学反応を使います。



臭いの元は、酸かアルカリです。



酸っぱい腐ったような臭いは酸

アンモニア臭や魚の生臭い臭いはアルカリです。



なので

酸には、アルカリを用意して中和

アルカリには、酸を用意して中和します。



具体的には

酸には、アルカリの十三駅じゃなかった重曹液



アルカリには、酸の酢です。

多くはビネガー酢を使います。



それらを霧吹きに入れて

ファブリースのようにシュッシュと時々吹きましょう。



特に、内見の直前が効果があります。



そうすれば

内見時の第一印象を変える効果があり

入居申し込みにつながる可能性があります。




但し

それらの効果は限定的と言わざるを得ません。

それでも対処できない場合は

根本的な臭いの元を絶つしかありません。



あなたの参考になれば嬉しいです。



◆編集後記◆




韓国の文在寅大統領は、来年行われる平昌五輪で

女子アイスホッケーチームを北朝鮮との合同で

競技の1部の会場を北朝鮮で実施する方針を示した模様です。



いわゆる太陽政策というヤツですが

国際社会が、金正恩の暴挙が止められず

対北で団結していく動きの中

それは、絶対にやってがいけないことだと思います。



相手(金正恩)は、話せば分かるヤツではありません。

徹底的に弾圧しないとダメです。



韓国人民は大変なミス(文氏を大統領に選んだこと)を犯したのかも知れません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント