不動産投資で妻帯者のメリットとは?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






今日は父の日ですね。

ということで

不動産投資で、妻帯者に、どんなメリットがあるか書いてみます。



メリットは大きく2つあると思います。



まず1つ目が

連帯保証かと思います。



銀行から融資を引く場合

団信を選ばない場合

連帯保証人を付けることが要求されます。



連帯保証と言うと

イヤなイメージがありますが

不動産投資で融資を引く場合は

家賃から安定的に返済し利払い出来ることが殆どだと思うので

旦那さんにもしものことがあった場合の

「事業継承者」の意味合いになります。



独身の場合だと

連帯保証人候補が、中々決まりません。



基本的に長期で融資を引く訳ですから

父母は、難しくなります。



しかし

奥様なら無収入であっても

銀行からOKが出る場合が殆どです。



ちなみに

私の場合も

専業主婦だった妻を事業継承者として

連帯保証人にしています。



2つ目のメリットとしては

妻帯者の方が、独身より社会的に評価されることがある。

と、いうことです。



これって、実に古い考え方で

今時、そんなことを言うと笑われるような概念ですが

銀行って、保守的で

かなり古い考えがまかり通る組織です。



但し

奥様が不動産投資に反対するために

不動産投資できない場合も多いです。



そう考えると

デメリットの方が大きいのですが

認めてもらえば、メリットが強く出ることになります。



あなたの参考になれば嬉しいです。



◆編集後記◆




九州でキックボードの少年が踏切ではねられ

死亡したそうです。



実は、私の自宅前も若い大学生くらいの男性が

キックボードに乗って通っていることがあり

車を運転する時は

「マジで危ないから止めて欲しい」

って思います。



本人は「ミスなどするはずない」って

感じでしょうが

人が、その速度で動かれると正直怖いです。



なので

公道では、キックボード禁止という規則を作って欲しいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント