属性のいい人ほど注意が必要です


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

最近は物件価格が高どまりしていて

取得してオイシイ物件は少ないですよね。



しかし

なぜ物件価格は、高どまりしているのか?

って、あなたは考えたことがありますか?



それは

高くても買う人がいるからです。



もっと言うと

取得して儲からない物件でも

銀行が融資している、ということです。



一般的には

物件を積算(土地の価格がいくら、建物の価格がいくら)

と収益還元(物件がどれだけ収益を生み出すかを評価)

この2つの評価を出します。

それに、ある掛け目を乗じて

融資上限額が決まります。



例えば

評価が1億円で掛け目が80%なら

その物件の取得のための

融資上限は8000万円ということになります。



ところが

個人属性がいい

例えば

収入が多い、堅い企業に勤めているなどの場合

もし、物件から得られる収益で

融資を返済できなくても

給料から返済に回せたりします。



なので

属性が高い人ほど

物件の価値以上の金額の融資を引くことが出来て

物件がしょぼくても買えてしまう
訳です。



これって怖いとは思いませんか?



一方、

属性が低い人なら

給料収入はあまり評価されていません。

ですので

物件の評価が高くないと

物件を買えないですよね。



なので

融資がついたことが

いい物件だという根拠になる確率が高いです。




これらのことから

もし、あなたの属性が

銀行から高く評価されるものであれば

余計に

物件を慎重に選ぶ必要がある、
ということです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント