縛られるのが好きなМの人は、縛られたままの人生でいいと思います

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日は、子供関係の所用で

記事をお休みしました。



また、今日は

家族の通院のアッシーと親戚訪問のため

予定がかなり遅れてしまいました。



このような用事がある日も

早朝に片づけておくことが多いのですが

時差7時間のドイツの情報(世界卓球)が気になり

ついつい寝るのが遅くなっていて

釣られて起きるのも遅くなっています。



昨夜(実際は今朝)もAM4時頃まで

テレビ東京のWEB上のライブ放送を見ていました。

それでも9時半に起きれば

5時間半寝れるので大丈夫だろうと判断した訳ですが



こんなこと会社があれば出来ません。



なので

自分の使える1日24時間を自由に使えるのが

リタイヤすることのメリットかと思います。



以前、

会社員時代の同期から

何故、会社を辞めたのか聞かれたのですが

私は

「俺らは、それほど長い時間は残されてないよ。

そんな中、会社に縛られて時間を自由に使えないのは

本当に幸せな人生かな?と思った。」


と、答えました。



しかし

縛れるのが好きな人もいることは事実です。



そういう人は、余程のМ(マゾ)だと思うのですが

日本人は、そういう人の方が多いです。

まあ、その方が生きている感じがしているのかも知れません。



なので

Мの人に、不動産投資を

無理にはオススメしません。



自由を得たい人だけ

不動産投資すればいいのだと思います。



◆編集後記◆




世界卓球の方はもう日本人選手の試合は終了し

メダルは

女子シングルスでで平野が銅

男子ダブルスの大島・森薗ペアが銀、吉村・丹羽ペアが銅

女子ダブルスは、伊藤隼太じゃなかった、伊藤・早田ペアが銅

混合ダブルスは、吉村・石川ペアがなんと金メダル


というメダル5個という大躍進でした。



実は、五輪は各国のシングルス出場者は2人に制限されています。

なので

中国選手を倒さなくても銅メダルは取れます。

そのことから

本当の実力は、五輪より世界大会という風潮があります。



その辺りのことは

卓球は、1988年のソウル五輪から正式種目になったという

五輪での歴史の浅さが影響しているかも知れません。



今回のことで言えることは

JOCエリートアカデミーの取り組みは

かなり選手強化に繋がっていると言えます。



来年の団体戦、再来年の個人戦、その翌年の東京五輪が

楽しみになってきました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント