借入金返済方法は、元利均等?元本均等?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






借入金の返済方法には

元利均等と元本均等の2種類がありますが

どちらが有利なんでしょうか?



元利均等が

毎月の支払額が同額で、元本の返済額と利息の割合が

初期は利息が多く元本が少ないのが

返済が進むと、利息が少なく元本の割合が増えてくるというものです。



ですので

買う前のシュミレーションの場合は

銀行への支払額が一定のがを見込みやすいため

これを使うことが多いです。



元本均等は

返済する元本が同一で利息が変化するもので

返済によって元本が少なくなるため

利息が減っていき

全体の銀行への支払額も右肩下がりで減っていくことになります。



この元利均等か元本均等は

銀行が指定することが多く

その場合、殆どが元利均等を指定されます。



では、銀行は元利均等を指定してくるのは

何故でしょうか?



それは

その方がトータルでの銀行の収益が増えるからです。



つまり

借りる方の我々投資家から見れば

元利均等の方がトータルの支払が増える訳ですから

この方が、不利ということになります。



例えば

1億円を金利1.5%で30年の融資を引いた場合は

元利均等だと総額で 124,240,000円

元本均等だと総額で 122,560,000円

元本均等の方が、168万円利息の支払いが少なく有利になります。



また、

家賃って築が古くなるほど下がっていくものです。



だとすると

元本均等のように

銀行への支払い額が右肩下がりに減っていく方が経営は楽です。



逆に

元利均等を選べば

家賃が下がるのと経費に出来る利息の支払いも得るため

キャッシュフローが厳しくなってきます。



これらのことから

銀行がどちらかを指定しない場合は

元本均等の方を選ぶようにするようにしてください。



◆編集後記◆




連日の卓球の話題ですみません。



昨夜は、平野が世界ランキング4位のフォン・ティエンウェイを撃破し

日本の女子単で48年ぶりのメダル確定。



嬉しくて、ワインを開けてしまいました。



私が中学で卓球を始めたのが、44年前ですので

私が卓球を始めてから1度も女子単のメダルがなかったことを知りビックリです。

ちなみに、男子はその間に金も銅もありました。



観客が喜ぶ卓球は水谷のようなラリー戦ですが

平野や男子の張本のような

どんどこ打っていくようなのもスカッとして楽しいです。



今日は

世界ランキング1位でリオ五輪金の丁寧との準決勝。

どんな戦いになるか見逃せません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント