変動金利 or 固定金利 どっちが有利なん?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





融資を引く場合に

変動金利が有利なのか固定金利が有利なのか

考えてみたいと思います。



融資を引く時点での金利は

変動の方が、固定より低くなります。



なので

同じ金利が維持されるなら

変動の方が有利になります。



そんな中で

固定金利の方が有利になる場合があります。



それは

今後、市場金利が上がった場合に

変動だと、金利変動のリスクをもろに被ってしまうということです。



なので

投資効率が高く最初から高い金利であっても

充分にキャシュフローが出る物件なら

固定にして金利上昇リスクをヘッジすることが出来ます。



ですが

固定金利には、2つの大きなデメリットがあります。



まず、

1つ目は

固定金利の期間が終われば

また、その時の市場金利に引き直されるということです。



なので

固定期間に市場金利が上がって

固定金利を超えた分の固定期間満了までしか得をしません。



例えば

10年固定で、8年目に金利上昇があり

変動が固定金利の利率を超えた場合

2年分の固定を超えた利率相当分が得するだけです。


利息が多い初期に8年間高い金利を払い

金利が逆転した2年は残債はそれなりに減っているので

利息額へのインパクトは少なくなります。



本当に得なのか分かりません。



もう2つの大きなデメリットは

これは契約によりですが

繰り上げ返済や借り換えの時に

莫大な違約金が発生することがあるということです。



なので

もし、固定で借りた後で

金融緩和で

市場金利は高くなるどころか、どんどん低くなってきた。



すると借り換えしたくなりますが

うかつに借り換えをすると

莫大な違約金が発生する場合があります。



多くのところでは

残債の何%となっているので

違約金だけで数千万円、数百万円かかり

これなら、そのまま借りておく方がマシということが起こりえます。



なので

基本的には、変動金利の方が有利で

どうしても固定金利にしたいのなら

違約金の条件をしっかり確認しておく方がいいです。



◆編集後記◆




明後日がF1GPモナコGPの決勝ですが

ウイリアムズのドライバーが

プレステでF1ゲームをしてクラッシュした同じ箇所で

テスト走行中にクラッシュしたそうです。



モナコGPと言えば

1992年だったか?と思いますが

セナとマンセルの優勝争いです。



当時、マンセルの乗るウイリアム・ルノーのアドバンテージは圧倒的

そんな中、スローパンクチャーでピットシンしたスキに

セナが1位に



マシンのアドバンテージを活かし抜き去りたいマンセル

絶対に抜かせないセナ

これはF1に興味のない人でも見れば絶対にワクワクするシーンかと思います。

→ https://www.youtube.com/watch?v=0NO_pLuuz40

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント