「高利回り物件が出ました」by 仲介業者


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

以前、駐車場用地として資料請求をした業者から

TELがありました。



てっきり土地の情報かと思ったのですが

「高利回り物件が出ました。」って



2物件あって

どちらも

利回り10%は超えているようです。



まず1物件目は

価格がいくらで

間取りがこうで

賃貸需要は、周囲に大学が2校あって・・・



色々としゃべっています。



確かに

最近は

「ちょっと古いなぁ」

という物件でも利回り一桁が普通にあるので



私が

「それで、肝心の構造と築年はどうですか?」

と、尋ねると

ハッキリ言ってくれません。



ようやく聞きだすと

昭和59年のS造でした。



私が

「ほぼ耐用年数に達してますね。

それだと融資は難しいし、ちょっと無理ですね。」



私は

2物件のうち最初に説明した物件がそれだったので

2物件目も無理やろと思いながら




「では2物件目ですが、構造と築年はどうですか?」

と、尋ねると

「昭和45年のS造です。」



余計にアカンやん!



住宅向けの土地をメインに扱っている業者は

こんなものかも知れません。



但し

こういう業者の扱う物件の中に

オイシイ物件があったりします。



というのは

収益物件の値付けに不慣れで

市場より安く値付けされる可能性があるからです。



なので

こういう時も

怒らず、丁寧に対応しましょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント