築浅の木造が大量に市場に放出されている理由とは?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






健美家にニーズを登録してから

毎日、山のように物件情報が届くようになりました。



その中でも特に多いのが

木造の築浅物件です。



一昨年や昨年に建築された物件が多いので

「一体、売主は、どんな思いや魂胆で売りに出しているのやろ?」

と、思います。



私は

これは「建てる前から出口をある程度考えている」のだと思います。



昨今は、物件価格高騰で利回りは軒並み低下しているので

中古物件にいい物件が少なくなっています。



すると新築でも利回りベースでは

中古と、そう変わらないように作り込むことが出来ます。



しかし

それには、建築費を安くあげる必要があります。

そうしなければ利回りが出ないからです。



そうなると

必然的に、建築費が安い木造に流れるのは

自然の成り行きかです。



なので

「新築で高い家賃が取れる期間は保有しておいて

残耐用年数が半分以上残る売りやすいうちに売却する。」




このような物件が

今大量に市場に放出されているのだと思います。



但し

不動産投資を少し経験した人なら

まあ、買うことはないですが・・



◆編集後記◆




昨日の朝はフランスの大統領選挙の結果が確定し

マクロン氏が勝利



39歳の若さが話題になっていますが

それより話題になっているのが24歳上の奥様です。



何と、マクロン氏が15歳の時に結婚していて子供もいる39歳の人を

旦那さんから

略奪したということを聞き驚愕しています。



15歳と言うと

日本では中三か高一ですよ。



まあ欧州の国のトップって

色恋沙汰にお盛んな人が多いので

国民は、そういうことに寛容になっているのかも知れませんが



日本なら15歳で39歳の人を略奪した人は

道徳上如何な物か?

ってなると思います。



但し、それでもルペン候補が当選しなくてよかったとは思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント