「シンプル」かつ「キレイ」に保つことが長期で勝つコツです

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050







街中を歩いたり運転で通ったりすると

凄くカッコいい

エントランスの物件に遭遇することがあります。



このような作りにするには

材料の他にデザイン料も必要で

それなりに資金が必要だったと思います。



しかし

流行り廃りって

一種のブームのようなもので

デザイン性が高ければ高い程

廃れた時には哀れです。



服装の流行などは

「今年のトレンドは・・」

なんていいますが

1年経って、その服を着ていると

ちょっと笑われたりしますよね。



不動産は

高額だし何十年単位で勝負するものです。



なので

一時の流行を追いかけるのは

ちょっと違うのではないかな?と思います。



要は

あまり凝らずシンプルな作りをキープすること。

それと

掃除の行き届いたキレイな状態を保つこと



この2つが

不動産投資のような長期投資で勝つコツです。



◆編集後記◆




先週、TVを見ていたら

今年で167歳の人がマレーシアでいると言う。



但し、戸籍がない頃に生まれているので

生年月日は不明

この人は1870年生まれとされた理由は

1880年の歴史上の出来事を、子供として見ていた記憶があるため

マレーシア政府から1870年生まれと認定されたそうです。



このように戸籍がなくて生年月日は分からない例は

ここ数十年にいくつもあって

例えば、マラソンの瀬古選手の最大のライバルであった

イカンガー選手(タンザニア)の年齢は自称



1996年のアトランタ五輪のマラソン女子 金メダルのロバ選手(エチオピア)の

生年は、不明



もうこんな国はそうそうないと思っていたのですが

バイキング小峠がMCのテレ朝系の

「陸海空 こんな時間に地球一周するなんて」を見ていると

まだまだ、ありそうに思えます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント