「買わない理由を探す」癖を封印することが大事です

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





最近は、いい物件が少ないので

資料を1秒見ただけで

「パス」

と、いう物件が多いです。



このように

片っ端からパスしていくと

実は、注意しなければないないことがあります。



それは

買い物件が出てきても

「買わない理由を探して」パスにしてしまうということです。



人は変化を恐れる性質というか癖があるので

全部、パスにした方が心理的に安定します。



そのため

1秒でパスにはならない物件が出てきた時に

「どうせ、ダメ物件なんやろ」

と、いう偏見と



変化を恐れる性質から

買わない理由を探してしまいがちになります。



これでは買い物件を逃してしまいます。



なので

物件を探す時は

「買わない理由を探す」心理状態にならず

「偏見なしで買いかパスかの判断が出来ているか?」

注意して、物件資料を眺めることが大事です。




そのためにも

自分の買う客観的な基準を明確にしておくといいです。



◆編集後記◆




今朝も北朝鮮がミサイルを発射しましたが

今朝のTVでは、実際にミサイルが飛んできて

Jアラートが作動した時に、どうすれば助かる可能性が高いのかが

説明されていました。



実は、最も安全な逃げ場所はデパ地下なんだそうです。

堅牢な建物の地下が安全な上に食料品も豊富。



車に乗っている時は、熱波によりガソリンが引火することを恐れ

乗り捨てて逃げ、堅牢な建物の中で待つ。

だとすると高速道路の場合は逃げる建物がないのでキツイですね。



こういう情報は、その番組を見た人にしか行き渡らないので

政府広報でTVで流した方がいいですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント