色彩検定は、まだ間に合いますよ

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





丁度、今、色彩検定の受験受付が始まっています。

試験日は6月25日の日曜日で

受験申込期日がインターネットで5月25日までです。



試験日まで、あと約2か月ですので

合格までの学習期間は充分かと思います。



去年、私が2級を受けた際は

正味学習期間2週間で

余裕の90点で合格でした。

ちなみに合格基準は60点です。



しかし

1つだけ悔やんでいることがあります。


それは

「3級を受けるのではなく2級を受けるべきだった。」

です。



こういう資格試験って

下位の級の知識をベースにして

より高度な知識を上位の級で試されるのが普通ですが



色彩検定は、そうはなっていません。



色を表現する方法を

表色系というのですが



3級で必要な表色系とは別の表色系を

別に試されるのが2級です。



なので

「2級の勉強をする際に、3級の勉強をまずマスターしておく必要はない。」

と、いうことです。



同じように勉強して受けるのなら

当然、3級より2級の方がかっこいいでしょう。



なので

今から目指す方は

最初から2級を目指した方がいいです。



私の場合は

また2級に挑戦する意義はあまりなく

時間と受験料が勿体ないこともあり

これで打ち止めです。



色彩を"あてずっぽう”でなく

ちゃんとした理論を以て計算ずくで

不動産に活かせる知識ですので

是非、受けてみてください。




◆編集後記◆




昨日の「水曜日のダウンタウン」で

「時速300キロのピッチングマシーンなら

塀際からでもタッチアップでセーフにならない説」が検証されていました。



センターの塀際でボールを受け、そこからピッチングマシーンにセットし

ボール発射と共に3塁からランナーがスタート。



すると、ホームまでのノーバウンドのレーザービームですので

名うての俊足ランナーが登場しましたが全員アウト

まあ、当然かと思います。



しかし、私は異議ありです。

野球のタッチアップは、捕球と同時にランナーがスタート出来ます。

なので

今回もボールを受けた時点でスタートし、発射の段階では

既に、何メートルか前に行っていないといけないです。



そんな初歩的な設定ミスを指摘する人はスタッフにいないのでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント