中高年の単身世帯が爆発的に増えている!選ばれる間取りは・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


賃貸経営フェスタのセミナーで

あるデータが示されました。



資料が手元にないので

具体的な数字は覚えていないのですが



2000年(だったと思う?)と今年で

年代別の単身世帯数ですが

30歳未満は減っているのに

30代以上で爆発的に増えています。

年代によっては数倍以上に増えています。



原因は、言わずもがなですが

晩婚化と非婚化です。



こうなると

1Kや1ルームが有望と思うじゃないですか?



ところが

講師の話では

「30代、40代以上のの単身者は、1Kや1ルームをまず選ばない。」



例として

講師本人(某不動産管理会社社長)が

仮に離婚した場合

絶対に1Kや1ルームを選ばない。って言っていました。



荷物も増え

収入もある単身者なら

1DK以上でないと収納が足りないし

お金もあるので

安い部屋に住む必要もないということです。



まあ、なるほどって感じですが



先日は、私の1K物件に

40代の人が離婚して

単身になって入居してくれたので

一概にそうとも言えないような気もします。



ただ

トレンドとしては

今まで中途半端だった

1LDK辺りの間取りのニーズが

これから増えてくる可能性があるでしょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント